船口の現代文『読』と『解』のストラテジー

著者名
船口 明  
価格
本体1,000円+税

サイズ・ページ
A5判/170頁 問題編44頁
ISBN-13
978-4896806656

この書籍について

難関国立大学志望者待望の新刊-記述・論述対策の決定版!
「真の合格力」を身につけたいと思っている君に
◆ 「標準」から「ハイレベル」へとステップアップするための〈ストラテジー〉を提示します。
◆ 問題は難解でも、分かりやすく解説していきます。
◆ ただし、本文の内容もよく分からないままに「部分」だけ読んで解答するような単なるコテ先のテクニックを教える予定は一切ありません。
◆ 「点をくれる問題」だけではなく「差のつく難問」にもきっちり答えうる実力を養成します。
◆ 東大・京大など難関国立大学、記述問題が大きなウェイトを占める難関私大志望者には特にお薦めいたします。

難易レベルを見る

基礎 標準 応用
           

見本

目次

予講 「講義に先立って」
『読』のストラテジー(1) 「評論文」を知る
◆「評論文」とはいかなるものか
◆「筆者の気持ち」
◆「読者」はなかなか「賢いヤツ」だ
◆「結論」が出るパターン
◆「もうひとつ」の結論形式
◆「時代」を論じた文章
◆「結論のパターン」は同じだ
『読』のストラテジー(2) 「何をどう読めばいいのか分からない」というキミに
◆「本文」を読んでいく時の「心構え」
◆「ホネ」と「肉付け」
◆「3つ」の「追跡文」
◆「本文展開のパターン」のまとめ
『読』のストラテジー(3) 気が付くと「同じところを繰り返し読んでいる」というキミに
◆「チェックできない」と「チェックだらけ」は、実は同じ
◆「1P=1idea」
◆「ベートーベン」と同じだよ
◆「トピック・センテンス」を探そう!
『解』のストラテジー 解答を導く【鉄則】集(一覧)
 第一講 井上 俊 『遊びの社会学』 〈東北大〉
 第二講 出典未詳 『商売柄、最近の若い人……』 〈東京大〉
 第三講 河合隼雄 『人間科学の可能性』 〈九州大〉
 第四講 大岡 信 『抽象絵画への招待』 〈名古屋大〉
 第五講 渡辺武信 『住まい方の演出』 〈東京大〉
 第六講 鷲田清一 『身体、この遠きもの』 〈岩手大〉
 第七講 内山 節 『時間に関する十二章』 〈東京大〉
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。