慶大入試プレ

模試詳細

基本実施日 11/05(日)
実施会場
受付状況

実施済

データ返却日 12/14(木)
出題形式 記述式・マーク式
個別案内書

関連イベント

 

注意事項

お支払い期間内に受験料のお支払いが行われない場合、入力情報はキャンセルされます。

インターネットによるお申込みは、実施日の4日前までご利用いただけます。
ただし、「模試実施日の14日前」以降は、受験料のお支払い方法に制限がかかりますのでご注意ください。(※1~※3)
また、実施日4日前よりも早い段階で申込受付を終了する会場が一部ございます。予めご了承ください。(※4)

インターネットによるお申込みのほか、代々木ゼミナール校舎窓口でのお申込みができます。
なお窓口申込は、模試実施日の前日までご対応いたしますが、取扱い校舎により、申込手続き取扱時間が異なりますのでご注意ください。(※5)
会場・受験型ごとに定員が設定されています。定員に達し次第、申込受付を締め切りますので、お早めにお申込みください。
 
※1 実施日14日前を過ぎると、お支払い方法のうち「後日郵送される払込票によるお支払い」が選択できなくなり、「インターネットの決済サイトでのお支払い」「校舎にてお支払い」のいずれかからお選びいただくことになります。
※2 実施日9日前を過ぎると、お支払い方法のうち「インターネットの決済サイトでのお支払い」が選択できなくなり、「校舎にてお支払い」のみしかお選びいただけなくなります。
※3 「校舎にてお支払い」の場合、実施日13日前から4日前まで、お申込みが可能です。(※5も参照)
お支払い期限はお申込日より3日以内となります。
※4 Y-SAPIX各校舎会場および一部の会場は、実施日10日前から8日前までで申込受付を終了します。
※5 窓口申込および受験料支払いの取扱い校舎は、下記の代ゼミ7校舎です。Y-SAPIX各校舎や代ゼミサテライン予備校では取扱っておりません。また、お支払いは現金払いのみとなります。
なお、校舎ごとの申込手続き取扱時間は下記のとおりです。
[受付時間:月~土 10:00~18:00、日・祝 8:30~17:00]
代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワー、代々木ゼミナール札幌校、代々木ゼミナール新潟校、代々木ゼミナール名古屋校、代々木ゼミナール大阪南校、代々木ゼミナール福岡校
[受付時間:月~土 12:00~20:00、日・祝 8:30~17:00]
代々木ゼミナール立川北口受験プラザ
※この内容は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

受験料

一般生 5,200円(消費税込)
高卒メイト会員、講習会・セミナーメイト生 4,700円(消費税込)
大学受験科生、高校メイト会員、Y-SAPIX生 無料

 

注1: Y-SAPIX生の方の「慶大入試プレ」受験料無料の特典は、Y-SAPIX各校舎でお申込みされた場合にのみ適用されます。インターネットを通じた個人でのお申込みの場合には、一般生の料金が適用されますので、ご注意ください。
注2: お通いの学校を通じて本模試に団体参加される場合、受験料が優待されることがあります。個人でのお申込みを行う前に学校の模試担当の先生にご確認ください。

合格判定

各型とも第一志望学部・学科のみ判定します。

出題科目(予定)

教科 学部(学科) 出題科目・内容
英語 文・看護医療 コミュニケーション英語基礎、コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ
法・経済・商・総合政策・環境情報・理工・医・薬 コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ
数学 経済A 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(※1)
商A・薬・看護医療 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(※2)
総合政策・環境情報 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(※3)
理工・医 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(※2)
地理歴史 文・法・経済B 世界史B、日本史Bから1科目選択
世界史B、日本史B、地理Bから1科目選択
理科 理工 「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」の2科目必須
「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」から2科目選択
「化学基礎・化学」の1科目必須
看護医療 「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」から1科目選択
小論文 小論文(資料を与えて、理解と表現の能力を総合的に問う)
論述力(資料を与えて、理解、構成、発想、表現の能力を問う)
経済 小論文(高校生にふさわしい知識、理解力、分析力、構想力、表現力を問う。高等学校の特定の教科とは直接かかわらない)
商B 論文テスト(資料を与えて、論理的理解力と表現力を問う)
総合政策・環境情報 小論文(発想、論理的構成、表現などの総合的能力を問う)
小論文

 

■「英語」: 文学部のみ、「英和辞典」「和英辞典」「英英辞典」のうち2冊まで持ち込み、使用してもよい。
■「数学」 ※1: 数学Ⅱの「微分・積分の考え」では一般の多項式を扱う。数学Aは「場合の数と確率」・「整数の性質」・「図形の性質」、数学Bは「数列」・「ベクトル」を出題範囲とする。
※2: 数学Aは「場合の数と確率」・「整数の性質」・「図形の性質」、数学Bは「数列」・「ベクトル」を出題範囲とする。
※3: 数学Aは「場合の数と確率」・「整数の性質」・「図形の性質」、数学Bは「確率分布と統計的な推測」・「数列」・「ベクトル」を出題範囲とする。
■「地理歴史」: 経済学部B方式では、世界史Bは1500年以降を、日本史Bは1600年以降を中心的な出題範囲とする。2科目とも基礎的理解並びに体系的理解を問う。

時間割

A型[文]

教 科 時 間
地理歴史    9:00 ~ 10:00 60分
英語 10:20 ~ 12:20 120分
受験報告書提出 12:20 ~ 12:30   10分
昼休み 12:30 ~ 13:20   50分
小論文 13:20 ~ 14:50   90分

 

B型[法]

教 科 時 間
地理歴史    9:00 ~ 10:00   60分
英語 10:20 ~ 11:40   80分
受験報告書提出 11:40 ~ 11:50   10分
昼休み 11:50 ~ 12:40   50分
論述力 12:40 ~ 14:10   90分

 

C型[経済(A・B方式)]

教 科 時 間
数学(A方式)   9:00 ~ 10:20   80分
地理歴史(B方式)
英語 10:40 ~ 12:20 100分
受験報告書提出 12:20 ~ 12:30   10分
昼休み 12:30 ~ 13:20   50分
小論文 13:20 ~ 14:20   60分

 

D型[商(A・B方式)]

教 科 時 間
地理歴史    9:00 ~ 10:00   60分
英語 10:20 ~ 11:50  90分
受験報告書提出 11:50 ~ 12:00   10分
昼休み 12:00 ~ 12:50   50分
数学(A方式) 12:50 ~ 14:00   70分
論文テスト(B方式)

 

E型[総合政策]

教 科 時 間
「英語」または「数学」または「数学・英語」   9:00 ~ 11:00 120分
受験報告書提出 11:00 ~ 11:10   10分
昼休み 11:10 ~ 12:00   50分
小論文 12:00 ~ 14:00 120分

 

F型[環境情報]

教 科 時 間
「英語」または「数学」または「数学・英語」   9:00 ~ 11:00 120分
受験報告書提出 11:00 ~ 11:10   10分
昼休み 11:10 ~ 12:00   50分
小論文 12:00 ~ 14:00 120分

 

G型[理工]

教 科 時 間
数学   9:00 ~ 11:00 120分
英語 11:20 ~ 12:50   90分
受験報告書提出 12:50 ~ 13:00   10分
昼休み 13:00 ~ 13:50   50分
理科(2科目) 13:50 ~ 15:50 120分

 

H型[医]

教 科 時 間
数学   9:00 ~ 10:40 100分
英語 11:00 ~ 12:30   90分
受験報告書提出 12:30 ~ 12:40   10分
昼休み 12:40 ~ 13:30   50分
理科(2科目) 13:30 ~ 15:30 120分
小論文 15:50 ~ 16:40   50分

 

I型[薬]

教 科 時 間
数学   9:00 ~ 10:20   80分
英語 10:40 ~ 12:00   80分
受験報告書提出 12:00 ~ 12:10   10分
昼休み 12:10 ~ 13:00   50分
理科(1科目) 13:00 ~ 14:40 100分

 

J型[看護医療]

教 科 時 間
英語   9:00 ~ 10:30   90分
受験報告書提出 10:30 ~ 10:40   10分
「数学」または「理科」(1科目) 11:00 ~ 12:20   80分

 

試験開始後の志望学部(受験型)変更はできません。ご注意ください。
「受験報告書の記入・提出」は、合格判定などに必要です。提出しなかった場合は、成績表を返却できないこともありますので、必ず記入し提出してください。また、途中入室の場合は、必ず監督者の指示を受けてください。
E型・F型の「情報」、J型の「小論文」は出題いたしません。
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。