北海道大入試データのページ

北海道大入試データ

3.文系学部入試概要

総合入試導入以降の実質倍率推移
[クリックして拡大]
 北海道大学の前期入試では、文系学部は総合入試文系、文学部、教育学部、法学部、経済学部の5つに分けて募集されます。総合入試の導入により、理系学部では複数の前期学部入試(薬学部、工学部、理学部、農学部)が廃止されましたが、文系では各学部入試はすべて存続しています。総合入試文系では2次試験科目として「英・国・数もしくは地歴」という文学部と同じ方式が採用されたため、2次試験で数学を使わずに、2年次以降教育学部、経済学部、法学部に進学が可能になったのが導入以前との大きな違いです。
 1年次の成績で2年次以降の学部が決まる総合入試では、自分の適性をじっくり見極めてから学部を決定できる一方、1年次の成績次第では希望する学部に進学できない可能性もあります。ただ、受験の方式を選択する際には、受験生は学部別入試と総合入試それぞれの入学後の特性よりも、どちらが入りやすいかという点を重視する傾向があります。そのため、予備校各社が行っているセンター試験の自己採点集計結果を見てからどの方式で出願するかを決める受験生も多く、年度による倍率の変動は非常に大きくなっています。
 また、昨年の2013年度入試では、法学部の実質倍率が2倍を割り込む1.8倍、合格者の総合点最低点も文系学部・総合入試文系のなかで最も低いという異例の事態となりましたが、今年度の実質倍率は2.4倍に回復し、総合点最低点では経済学部を上回りました。しかしながら、かつては文系学部の中で最も難関といわれた法学部ですが、実質倍率や合格者最低点、合格者平均点を見ても、他学部との際立った差は無くなっています。ただし、総合入試文系から各学部に移行する際に最も高い移行点(1年次の成績を数値化した点)が求められるのは法学部であることがわかっており、学生からの人気は根強いものがありそうです。
このページのトップへ
入試情報
今すぐ資料請求