北海道大入試データのページ

北海道大入試データ

5.北大に合格するには何点必要か

2014年前期合格者センター平均得点率
前期学部別合格者センター平均得点率 [クリックして拡大]
 では、北海道大学に合格するには具体的にどれくらいの実力が求められるのでしょうか。センター試験の得点率においては、毎年のセンター試験の難易度の変動で多少の上下はあるものの、70%台後半〜80%にほとんどの学部の平均値が集まっています。
 グラフを見るとわかるように、例年高い水準を保っている獣医学部と医学部医学系は、獣医学部が88.4%、医学部医学系が87.1%となり、他学部と大きく差をつけています。この傾向はセンター試験の難易度により毎年多少前後するものの、ほぼ例年通りといえます。
 代々木ゼミナールでは、センター試験で合格者平均点をとった場合、2次試験で必要な得点を算出しています。そのデータを見ますと、文系では総合入試文系と4つの学部別入試の合格者平均点、合格者最低点ともにほとんど差はありません。センター試験でボーダーラインを越えていれば、出願先がどこであれ求められる力は大きく変わらないといえます。
 理系では、センター試験と同じく2次試験でも獣医学部と医学部医学系は一際高い実力が求められます。一方、保健学系検査技術科学専攻と水産学部(注1)は合格者最低点が5割を下回り、獣医学部や医学部医学系とは2割前後(平均点ではそれ以上)点数に差がついています。
 北海道大学では学部ごとの入試問題ではなく、同じ科目であれば全学部で問題が統一されています。そのため、特に理系では、自分が目指す学部でどれくらいの得点率が要求されているかをよく理解した上で、出題傾向をつかみ、対策することが必要です。
 (注1:保健学系看護学専攻、作業療法学専攻は文系と同じく数学がIAIIBのみ利用のため、比較対象外とした)
このページのトップへ
入試情報
今すぐ資料請求