代ゼミ個別指導スクール

講師の声

キミをやる気にさせる!講師陣からの至高の激励文集です。
実績ある講師陣が「親身の指導」であなたを合格に導きます。


目標を設定して、時間を有意義に使おう

英語武田 広重 講師

大学入試に出題される英語は総じて高レベルで、これに対処するには長時間の訓練が必要です。そのためにはまず目標を設定しましょう。1週間程度の短期目標・数十日前後の中期目標を定め、学習の進行速度に合わせて微調整しながら目標を達成していきましょう。ここで大切なことは時間を有効に使うことです。自分の可能性を信じるのです。
Persistence will pay off. 「継続は力なり」

予習・復習を効率よく

英語三角 耕一郎 講師

限りある時間で合格の力をつけるには、充実した予習と復習が欠かせません。予習で課題を発見し、授業でそれを解決する。復習時には自らの言葉で論理的な説明ができるか確認する。この一連の流れのいずれの場面でも活用しなければならないのが辞書です。使いこなせば英語学習を大いに加速し効率化してくれるうえに、理解の定着も飛躍的に高まります。予習と復習を充実させるためにも、ぜひ辞書を活用して英語学習を楽しんでください。

コツコツと努力を積み重ねよう

数学斎藤 裕介 講師

学問に王道なし。どの科目についても言えることですが、得意になるため、あるいは苦手を克服するためには努力を積み重ねる以外に方法はありません。特に数学に関していえば、まず必要なのは多くの問題に触れること。一部の人を除けば一を聞いて十を知れる人はほとんどいません。ましてや入試レベルの問題を自力で解く力を習得するためにはできるかぎり多くの問題に触れることが大切です。応用力は確固たる基礎力と絶対的な演習量の上に成り立つものです。合格を掴むその日まで、たゆまぬ努力を続けましょう。

自己分析と課題発見

国語漆原 慎太郎 講師

黒板をきれいに写して、言われたとおりに宿題をこなして、テスト前は出るところを丸暗記して…こんな学習が通用する時期はもう終わり。これからは自分の課題を見つけ出してそれを克服することが学習です。知識が足りなかったのか、それとも思考の仕方が分かっていなかったのか。自分と真剣に向き合って、自分を成長させる要素を見出してください。何も特別なことではありません。上位に行ける生徒さんは皆当然のようにやっているのです。私たちはサポート役にすぎません。主役は、あなた自身です。

自分に合った学習法で合格する力を

物理中川 雅夫 講師

勉強すれば入試に合格できるはずです。確かに「しっかり勉強したから合格できた。」という合格体験記も多く見られます。しかし、その一方で「頑張ったのにダメだった。」という受験生も少なくありません。これは自分に合った方法で学習できたかどうかの差によります。多くの人と同じ方法で力が伸びる人と、他の人とは少し違う方法で力が伸びる人がいるのです。力が伸びにくいと感じたら、学習法を変えてみましょう。必ず力は伸ばせます。

効率のよい化学の学習は「基本が大切」

化学成田 一輝 講師

「基本=難易度が低い」、「応用=難易度が高い」と分類している問題集もありますが、これは基本が大切」基本とは全く意味が違います。難易度が高い複雑な基本理論・計算もあれば、簡単な応用理論・計算もあります。具体的には『化学基礎』の教科書の前半で学習する“原子の構造”などの分野です。これらの内容の理解が不十分のままに学習を進めても、成績は思うように伸びません。難易度に関わらずに基本をしっかり身につけましょう。

勉強はやった分は自分の一部となる

世界史祝田 秀全 講師

大学受験の勉強は大変具体的。それは過去問との勝負。初めは出来なくていいじゃない。ただ、設問と答えを眺めるだけでいい。あるとき気付くはず。この設問パターンが、この答えなのか~って。それは発見。明日の勉強の糧を得たのだから。勉強の仕方に迷ったら、過去問を見よう。解けなくていい。今言ったような発見をゲットすること。受験勉強はそこから始まる。そのときキミは水を得たサカナになる。勉強は自分を裏切らないから。