1.英語4技能試験対策講座
GTEC CBT解説講義〈Over800!〉

開講日 : 2/18(日)

モバサテ  

※詳しくは「モバサテ」をご覧ください。

英語4技能は代ゼミ 担当講師:谷川学

各技能について本番での効果的な解答方法と
その対策を詳しく解説していきます!

  • 講座番号(7ケタ)は校舎コード(3ケタ)+講座コード(下記4ケタ)となります。
    校舎コードは「校舎コード・授業時間帯」をご覧ください。

[学期区分]その他

講座コード 授業回数 授業料(税込)
5811 90分×7回 ¥19,000
  • ※教材費込 ※教材は『GTEC CBT公式問題集』(ベネッセコーポレーション発行)を使用します。
回次 講義内容 受講コマ数
1・2 Listening 公式問題集を用いて① 全体の注意点② 形式別の解法を解説していきます。また、
Listeningのスコアアップにつながる学習方法もお伝えしていきます。
90分×2回
3・4 Reading 出題形式別の取り組み方と本番での注意点を解説していきます。正答率に応じて出題が
変化していくので、本番でどのように解き進めるのが効率的なのかを指導していきます。
90分×2回
5 Speaking 受験生が最も苦手とするセクションですが、形式も決まっているので、解答の際に効果的
なフレーズを紹介しながら、得点につながる解答方法を中心に解説していきます。
90分×1回
6・7 Writing 共通の問題が出題されます。限られた時間の中で得点につながる文章をどのように書き
上げていくかを、有効なフレーズを紹介しながら出題形式ごとに解説していきます。
90分×2回

GTEC CBTとは

GTEC CBTとは

 グローバル社会で求められる人材を育成しようという動きを受け、英語の4技能(「聞く」「読む」「話す」「書く」)を測定する「GTEC CBT」が開発されました。「CBT」はComputer Based Testingの略で、コンピュータの画面に問題を表示し、キーボードやマウスで解答を入力する試験のことです。
 現在、大学では国際化に向けた入試改革が広まり、GTEC CBTのスコアを大学入試で活用する大学が増えています。
  GTEC CBTはコンピュータで「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能が多角的に測定できる「新しい時代の英語検定」です。全国47都道府県に公開会場を設置しているため、遠くの会場まで行く手間が省け、忙しい高校生にとってスキマ時間を有効活用して気軽に受験できるのが魅力です。

  • GTEC CBTとは、CEESとベネッセコーポレーションが共催している英語検定試験です。

GTEC CBT受験ガイダンス

GTEC CBTを受験する際に知っておきたい情報をご説明する動画です。

  • YouTube上の「代ゼミサテラインチャンネル」で無料でご覧いただけます。

次のページへ