1.英語4技能試験対策講座
TEAP対策実戦演習

開講日 : 2/18(日)

モバサテ  

※詳しくは「モバサテ」をご覧ください。

英語4技能は代ゼミ 担当講師:福崎 伍郎

テストゼミ形式で、
短期間での得点力向上を図ることができます!

  • 講座番号(7ケタ)は校舎コード(3ケタ)+講座コード(下記4ケタ)となります。
    校舎コードは「校舎コード・授業時間帯」をご覧ください。

[学期区分]その他

講座コード 授業回数 授業料(税込)
5812 60分×17回 ¥29,700 
  • ※教材費込 ※教材は代々木ゼミナールオリジナルテキストを使用します。
回次 講義内容 授業回数
1〜5 Reading Part1(語彙・語法)、Part2A(図表・グラフの読み取り)、Part2B(掲示・Eメールな
どの読み取り)、Part2C(短い英文の読み取り)、Part3A(長い英文の読み取り)、
Part3B(長い英文の読み取り)の各設問形式への効果的な取り組み方を指導する。
60分×5回
6〜10 Listening Part1A(短い会話の聞き取り)、Part1B(短い英文の聞き取り)、Part1C(短い英文と図表
の聞き取り)、Part2A(長い会話の聞き取り)、Part2B(長い英文の聞き取り)の各設問形
式への効果的な取り組み方を指導する。
60分×5回
11〜13 Writing TaskA(課題文の要約文作成)、TaskB(エッセイライティング)の2つの設問形式への効果
的な取り組み方を指導する。特に、TaskBは、十分な対策をしたかどうかで大きな差がつ
く箇所なので、自信をもって受験できるように解答の書き方のポイントを具体的に示す。
60分×3回
「モバサテ」
にて
随時受講
Speaking Part1(受験生自身についてのインタビュー)、Part2(面接官へのインタビュー)、
Part3(テーマについてのスピーチ)、Part4(テーマについてのインタビュー)の各設問形
式への効果的な取り組み方を、ネイティブ講師とともに、わかりやすく具体的に指導する。
60分×4回
  • Speakingでは実際の面接試験のような臨場感を持たせるため、担当講師以外にネイティブ講師が登場します。

※受講上の注意

  • 本講座は1コマ60分となります。システム上、各時限は90分で設定されています。2コマ以上連続受講をする場合は空き時間ができますので、その場合はブースでの自習などをお願いいたします。
  • Speakingのみ、受講環境の都合上ブースでの受講はできません。モバサテでの受講となります。Reading、Listening、Writingはブース・モバサテどちらでも受講できます。
  • CEFR A2程度の英語力のある受講生を想定した講座です。
    • CEFR: 欧米各国で外国語の学習者の習得レベルを示す際に用いられるガイドラインです。このうち「A2レベル」は、日常生活での身近なことがらについて、簡単なやりとりができるレベルとされています。

TEAPとは

TEAPとは

 上智大学と公益財団法人日本英語検定協会により共同開発された、大学での学習・研究に必要とされるアカデミックな場面での英語運用能力(英語で資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなど)を正確に測定するテストです。高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発されています。テスト形式は総合的な英語力を正確に把握することができるよう「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能で構成されています。

TEAP対策実戦演習ガイダンス

本講座全体の概要をご説明する動画です。 

  • YouTube上の「代ゼミサテラインチャンネル」で無料でご覧いただけます。

次のページへ