3.高校教科書完全マスター講座(章末問題攻略編)
数学Ⅱ

講座例(表の見方)

講座略称:第1章-1

高校教科書『数学Ⅱ』「第1章 いろいろな式の計算と証明」の「第1節 式と計算」のうち、二項定理・多項定理/二項定理の応用を2セグメント(約60分間)で講義します。

[学期区分]その他

第1章~第3章 阿由葉 勝講師
第4章~第6章 堀川 晋講師

講座略称 セグメント数 セグメント(テーマ・解説内容)
第1章
いろいろな式の計算と証明
第1節 式と計算 第1章-1 2 二項定理・多項定理/二項定理の応用
第1章-2 2 整式の除法/高次式の値
第1章-3 2 分数式の加法・減法と繁分数式/複雑な分数式
第1章-4 2 いろいろな恒等式/2つの文字についての恒等式
第2節 等式と不等式の証明 第1章-5 2 等式の証明/2連の比例式
第1章-6 2 3連の比例式/不等式の証明
第1章-7 2 相加相乗平均の定理/コーシー・シュワルツの不等式
第1章-8 2 二項定理を用いた不等式の証明/数式の大小関係
第1章-9 2 相加相乗平均の定理の利用/相加相乗平均の定理と最大・最小
第2章
複素数と高次方程式
第1節 複素数と2次方程式 第2章-1 2 複素数の計算/複素数の相等
第2章-2 2 2次方程式の係数決定/虚数を係数にもつ方程式
第2章-3 2 2次方程式の解の種類/解と係数の関係の利用
第2章-4 2 2つの2次方程式の解/3次方程式の解と係数の関係
第2節 剰余の定理・因数定理 第2章-5 2 整式の割り算と余り/整式の余り
第2章-6 2 3次式で割った余り/高次式の値の計算
第3節 高次方程式 第2章-7 2 組立除法の利用/相反方程式
第2章-8 2 3次方程式の解の判別/4次方程式の解の判別
第3章
図形と方程式
第1節 点と直線 第3章-1 2 点の座標/点の座標と図形
第3章-2 2 平面座標を利用した証明/3点が同一直線上にある条件
第3章-3 2 直線の通る定点/直線の方程式と平行・垂直条件
第3章-4 2 2直線の平行・垂直条件/2直線の交点を通る直線
第3章-5 2 折れ線の長さ/3直線の位置関係
第3章-6 2 点と直線の距離/点と直線の距離公式の応用
第3章-7 2 三角形の面積公式/3直線で囲まれる三角形の面積
第2節 円 第3章-8 2 円の方程式/円を表す方程式
第3章-9 2 外接円の中心と半径/点対称の円・円周上の動点
第3章-10 2 円の切りとる線分の長さ/円と直線の位置関係
第3章-11 2 円の接線/円外の点から引く円の接線
第3章-12 2 2円の位置関係/円と直線の交点を通る円
第3節 軌跡と領域 第3章-13 2 軌跡/連動点の軌跡
第3章-14 2 2直線のなす角を二等分する直線/中点の軌跡
第3章-15 2 不等式が表す領域/領域を表す不等式
第3章-16 2 領域を利用した証明/領域を利用した最大・最小
第4章
三角関数
第1節 三角関数 第4章-1 2 弧度法、扇形の面積/一般角の三角関数
第4章-2 2 三角関数の相互関係/三角関数の相互関係を利用した等式の証明
第4章-3 2 三角関数の相互関係を利用した式の値/sinθ、cosθを解にもつ2次方程式
第4章-4 2 いろいろな角の三角関数/三角関数のグラフ(周期、平行移動)
第4章-5 2 三角関数を含む方程式(角度くらべ)/三角関数を含む方程式
第4章-6 2 三角関数を含む不等式/三角関数を含む方程式、不等式(2次)
第4章-7 2 三角関数を含む関数の最大値・最小値/三角関数を含む関数の最大値・最小値の応用
第2節 三角関数の加法定理 第4章-8 2 加法定理/加法定理を利用した等式の証明
第4章-9 2 2直線のなす角/加法定理を利用した点の回転
第4章-10 2 2倍角・半角の公式/三角関数の媒介変数表示
第4章-11 2 2倍角・半角を利用した方程式・不等式/2倍角・半角を利用した最大値・最小値
第4章-12 2 3倍角の公式/3倍角の公式の応用
第4章-13 2 和と積の公式/和と積の公式の応用
第4章-14 2 三角関数の合成/三角関数の合成を利用した方程式・不等式
第4章-15 2 2倍角・半角・合成を利用した最大値・最小値/合成と2次関数を利用した最大値・最小値
第5章
指数関数・対数関数
第1節 指数関数 第5章-1 2 指数の計算/指数の式の値
第5章-2 2 指数関数のグラフ/指数の大小
第5章-3 2 指数関数を含む方程式/指数関数を含む方程式の応用
第5章-4 2 指数関数を含む不等式/指数関数を含む不等式の応用
第5章-5 2 指数関数を含む関数の最大値・最小値/指数関数を含む関数の最大値・最小値の応用
第2節 対数関数 第5章-6 2 対数の計算/対数の計算の応用
第5章-7 2 log乗/指数・対数の関係
第5章-8 2 対数関数のグラフ/対数の大小
第5章-9 2 対数関数を含む方程式/対数関数を含む方程式の応用
第5章-10 2 対数関数を含む不等式/対数関数を含む不等式の応用
第5章-11 2 対数関数を含む関数の最大値・最小値/対数関数を含む関数の最大値・最小値の応用
第5章-12 2 対数不等式と領域/対数不等式と領域の応用
第5章-13 2 常用対数の応用(桁数と小数第何位)/常用対数の応用(最高位の数字)
第5章-14 2 常用対数の応用(文章題)/対数と無理数
第6章
微分・積分の考え
第1節 微分係数と導関数 第6章-1 2 平均変化率と微分係数の定義、極限値/導関数の計算(定義、公式)
第6章-2 2 いろいろな文字の微分/導関数の計算の応用
第2節 導関数の応用 第6章-3 2 接線・法線の方程式/接線の方程式の応用
第6章-4 2 3次関数のグラフ/4次関数のグラフ
第6章-5 2 文字定数を含む3次関数の極大・極小/3次関数が極大・極小をもつ条件
第6章-6 2 極値からの関数決定/極大値・極小値の和と差
第6章-7 2 3次関数、4次関数の最大値・最小値/文字定数を含む関数の最大値・最小値
第6章-8 2 従属2変数の最大値・最小値/範囲に文字定数を含むときの最大値・最小値
第6章-9 2 三角関数で表された関数の最大値・最小値/最大値・最小値の応用(図形)
第6章-10 2 3次方程式の実数解の個数(文字定数分離)/3次方程式の実数解の個数(文字定数分離できないとき)
第6章-11 2 3次関数に引いた接線の本数/4次方程式の実数解の個数(文字定数分離)
第6章-12 2 不等式の証明/不等式の応用
第3節 不定積分と定積分 第6章-13 2 不定積分、定積分の計算/定積分の計算の応用
第6章-14 2 絶対値を含む定積分の計算/絶対値を含む定積分の最大値・最小値
第6章-15 2 文字を含む定積分の最大値・最小値/定積分で表された不等式の証明
第6章-16 2 定積分を含む方程式(定数型)/定積分を含む方程式(変数型)
第4節 面積 第6章-17 2 曲線とx軸との間の面積/2次関数と直線で囲まれた図形の面積
第6章-18 2 2次関数と2次関数で囲まれた図形の面積/2つの3次関数で囲まれた図形の面積
第6章-19 2 2次関数と直線で囲まれた図形の面積を2等分する直線/2次関数と直線で囲まれた図形の面積の最小値
第6章-20 2 2次関数と2本の接線とで囲まれた図形の面積/2つの合同な2次関数と共通接線とで囲まれた図形の面積
第6章-21 2 3次関数でできる面積/3次関数と接線とで囲まれた図形の面積
  • 月謝制授業料の詳細については授業料をご覧ください。

次のページへ