6.入試対策小論文講座 答案添削・採点付き

開講日 : 2/18(日)

モバサテ  

※詳しくは「モバサテ」をご覧ください。

提出用課題が付いているので、小論文の実戦力を養うことができます。
講義→答案作成→添削という流れで合格のための文章力を鍛えましょう。
目的やレベルによって選べる3講座をご用意しました。

  • 推薦入試合格を目指す方《推薦入試編》
  • 小論文を書いたことがない方(特に高1・高2生)も安心《入門編》
  • 課題文読解型問題の対策を行いたい方《入試実戦編》
  • こちらは過年度制作の講座になります。リニューアル版の受講をおすすめいたします。
  • 入試対策小論文講座の無料体験授業は実施しておりません。

担当講師からのメッセージ

推薦入試編

英語4技能は代ゼミ

推薦入試に限らず、小論文のしっかりした書き方を学べる場は少ないようです。この講座では、その書き方を中心に学びます。正しい書き方を学べば、皆さんが今持っている能力で十分合格答案は書けるのです。本格的でしかも楽しい、本当に合格できる小論文講座です。

入門編

英語4技能は代ゼミ

現代文を学んでいる受験生は多いよね? そのうえ『小論文』の勉強するのってしんどいよね? だからさ、現代文の知識や発想を論文に最大限利用することで、できるだけ少ない労力と時間で効率良く学べるようにこの講座では工夫を凝らしているのよ。あと、つまらない講義は頭に残りにくいよね? できるだけ楽しくやるつもり(笑)。

入試実戦編

英語4技能は代ゼミ

「知識偏重の教育の世界」への対立項としてはより「具体的で主体的な体験の世界」が考えられますが、それだけではやはり学問にはなりません。大学での学問は論文を読み、そして書くという過程を通じて「二つの世界」をつなぎ、人類共通の経験の世界へと飛翔する営みです。 小「論文」学習を通じて「大学に入る準備」と同時に「大学で学ぶ準備」をしましょう。

  • 講座番号(7ケタ)は校舎コード(3ケタ)+講座コード(下記4ケタ)となります。
    校舎コードは「校舎コード・授業時間帯」をご覧ください。

[学期区分]その他

講座名 講座
コード
授業料(税込) 授業回数 講座の内容と特徴
入試対策小論文
《推薦入試編》
6891 ¥26,740
1コマ50分
×
7回
7回の講義を通して、小論文の書き方のポイントを全て学べます。決して知識に走ることなく、推薦入試小論文で実際に求められていることに的を絞って、体系的に学んでいきます。内容は決して難しいものではありません。その方法をシンプルに5つの項目に絞ってお話しします。 名づけて「小論文の5箇条」です。ご期待ください。
入試対策小論文
《入門編》
6892 ¥19,100
1コマ50分
×
5回
『「小論文」って作文と違うの?』『え!?小論文って勉強するものなの?』『小論文の参考書の答えを覚えておけば何とかなるっしょ!!』といった疑問や考えを持っている受験生!!その時点で既に危険。本講座では推薦や一般入試の小論文で点数を『ガッツリ』取るための知識とポイントを 「アンビリーバボー」なくらい丁寧に教えます。
入試対策小論文
《入試実戦編》
6893 ¥19,100
1コマ50分
×
5回
高いレベルでの読解力と論文作成能力を要求する近年の小論文入試の傾向に即して「課題文読解型」の問題を扱います。「課題文読解」〜「要約」の過程では「現代文」的能力も養成し、高い水準で論文の読み書きができるようにしてゆきます。講義と添削の組み合わせによって、どのような問題に も対処できる柔軟性を持った、自分なりのスタイルを身につけましょう。

注)授業料は、自宅用課題の答案添削料を含みます。

添削の受け方

小論文講座では皆さんが書いた答案を添削し、良く書けている点、直した方がよい点などをアドバイスし、 学習に活かしていくことができます。添削を活用し、小論文の力を一層高めて、目標に向かっていきましょう。

*推薦・AO入試対策講座《基礎編》では添削を行っておりません。
*添削料は各講座の授業料に含まれています。

添削の受け方

答案提出締切 提出締切日時 答案返却可能日
各月第1回締切 各月10日17:00 当月24日前後
各月第2回締切 各月20日17:00 翌月4日前後
各月第3回締切 各月末日17:00 翌月14日前後

答案提出には毎月3回締め切りがあり、各期間ごとに取りまとめて対応いたします。

(例)5月8日(火)に事務局へ答案を提出する場合、5月第1回締切の5月10日(木)で取りまとめ、添削済み答案は5月24日(木)前後より返却可能です。

最終答案提出期限:2019年2月10日(日)

受講期限:2019年2月28日(木)

受講上の注意

  • 入試対策小論文講座では、最終講を除き、毎回提出課題が出題されます。第1講を除く各講は、前講の添削済答案を手元に置いての受講を推奨しております。そのため、受講間隔を空ける必要がございますので計画的にご受講ください。
  • 受講期限内で受講を終えることが難しいと考えられる場合、スタッフより受講スケジュールのご相談をさせていただくことがあります。
  • 推薦・AO入試対策講座≪論文基礎編≫はご自身のペースでの受講・答案提出が可能です。

添削答案例

次のページへ