Catch up受講2018講座
高1・高2・高3講座 理科

  • 講座番号(7ケタ)は校舎コード(3ケタ)+講座コード(下記4ケタ)となります。
    校舎コードは「校舎コード・授業時間帯」をご覧ください。

[学期区分]1学期/夏期/年間

講座名 講師名 講座
コード
講義内容 授業料
高校物理基礎* 木村 亮太 3250 年間 物理のイメージをかため、理解を深めた上で、実戦に即した問題に取り組みます。基本から丁寧に解説を進めていくので、初学者や物理が苦手な人にもおすすめです。
高校化学基礎* 藤原 康雄 3251 年間 化学基礎の全範囲を扱います。苦手とする人が多い計算問題をたくさん組み込んでいますので、テキストを完璧に仕上げることで計算問題の基本をマスターすることができます。
高校生物基礎* 小柴 允利 3252 年間 生物基礎の全分野の徹底理解を通して基礎知識を身につけ、演習により定着させます。図表を多く取り入れることで、直感的に生命現象の本質を捉えやすい構成となっています。
高校物理* 木村 亮太 3253 1学期 力学の各項目を扱う。まず、物理用語の定義と物理概念のイメージ、そして公式の持つ意味を丁寧に説明する。次に、典型的例題を用いて、具体的解法を反復しつつしっかり確立させる。
高校物理〈波動〉* 3823 夏期 物理の波動分野を基本から理解します。波の性質、音波および光の屈折で本質から公式を導出し現象分析を自在化する。光の干渉でも数少ない原則だけで自在に解けることを明示する。
高校物理
〈単振動・気体分子の運動〉*
3824 夏期 単振動を十分に基本から説明し、確実にマスターさせる。気体分子運動論で内部エネルギーの本質をつかんだ後、熱力学第一法則を種々の気体の状態変化に適用できるようにする。
高校化学* 藤原 康雄 3254 1学期 単元の基礎事項を丁寧に解説したのち、問題の演習に入ります。「物質の状態と平衡」のうち、「物質の状態」「気体の性質」「溶液の性質」「固体の構造」を扱います。
高校化学
〈熱化学・電池・電気分解〉*
3825 夏期 熱化学、電池、電気分解を初めから丁寧に解説し、受験基礎レベルの完成を目指します。演習問題にはやや難しいものも入っており、各単元の入試レベルを知ることができます。
高校化学
〈反応速度と平衡〉*
3826 夏期 反応速度と化学平衡を初めから丁寧に解説し、受験基礎レベルの完成を目指します。演習問題にはやや難しいものも入っており、各単元の入試レベルを知ることができます。
高校生物* 小柴 允利 3255 1学期 「細胞と分子」「遺伝情報の発現」「生殖」の重要事項の理解と演習を交えて、基礎力を養成していきます。なお、「代謝」「発生と分化」は夏期講習会で扱います。
高校生物〈発生と分化〉* 3827 夏期 「発生と分化」の内容の全分野を学習します。重要事項の理解と演習を交えて、基礎知識の習得と問題を解く実戦力を養成していきます。
高校生物〈代謝〉* 3828 夏期 「代謝」の内容の全分野を学習します。重要事項の理解と演習を交えて、基礎知識の習得と問題を解く実戦力を養成していきます。
  • のついている講座は速習講座のため、学期区分は「その他」になります。

次のページへ