英語はこうなる!

英語によるコミュニケーション能力の向上が課題となっている昨今、新制度入試ではどう評価されるのか。
ここでは英語の民間資格・検定試験(以下、外部試験)について理解しましょう。

外部試験について

外部試験はこれまでの大学入試でも国公立大や私立大の入試(AO・推薦含む)で活用されています。外部試験そのものも、「資格・検定試験」として様々な場面で活用されてきたものですので、目新しいものではありません。
それでは、大学入試で外部試験はどのように活用されているのでしょう。

外部試験の使い方

外部試験(英検®やGTEC®など)は各大学が実施する「個別選抜」で活用されます。大学が外部試験をどう活用するかは独自に設定することができます。設定できる内容には以下のような項目があります。

・選抜区分(一般・総合型・学校推薦型選抜)
・学部・学科(大学内で活用する/しないを統一する必要はない)
・試験の種類とスコア
・必要な技能(4技能とは限らない)
・有効期限

これまでは入試から遡って2年間のスコアを有効とする大学が多く、新制度入試でも継続される見通しです。その場合、高1・2生時に取得のスコアでも認められる場合もありますが、各大学の出願要件を正確に理解するには、志望大学の「選抜要項」「募集要項」の熟読が一番です。そのため、十分に注意して確認する必要があります。

  • 英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨その他の検討を受けたものではありません。
  • 「GTEC®」は株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。この商品・サービスの内容は、株式会社ベネッセコーポレーションの承認や推薦を受けたものではありません。

外部試験の攻略法

大学入試において様々な英語の試験(共通テスト・国公立大2次試験・私立大入試・外部試験)を攻略するためには、きちんと計画を立てた上で学習することが不可欠です。中でも、外部試験は「4技能」を課すというハードルの高さがありますので、かなりの負担に思えてしまいます。限られた時間のなかで、効率よく学習するには、まず「正確な情報を、早い段階で掴む」ことが大切です。大学入試における外部試験の活用方法には、一定のルールがあります。それは、「スコア」と「CEFR」というものです。例えば、国公立大学のホームページを見ると、外部試験の活用方法として、「出願資格」あるいは「加点する」という用語が飛び交っています。「出願資格」とは、「スコアまたはCEFRが一定基準を満たしていること」を指し、「加点する」とは「スコアまたはCEFRの段階ごとに、大学が設定する点数を加える」というものです。出願資格であれば、一定の基準を満たしていれば良い、ということで、加点は高い基準であればあるほど点数が加算されます。もちろん、逆もあり出願資格の場合、一定基準を満たしていなければ、大学に出願すらできないことになります。

志望大学が「出願資格」なのか「加点する」なのかを早い段階から知るだけでも、短い時間で効率よく学習することにつながります。「出願資格」ということであれば、一定基準を満たしてしまえば、最短で6月から7月に外部試験の受検が終了します。また、「加点する」場合も、万が一、加点されなかった場合でも、外部試験を受検しているだけで本番の入試を受験できる大学が多いことから、共通テストや2次試験を頑張れば十分に逆転可能です。

大学入試は特定の教科・科目だけで合格できるわけではなく、総合的な得点力が求められます。そのため、外部試験の成績だけにとらわれず、共通テスト、国公立大2次試験、私立大入試の対策をする時間を考慮しながら、学習計画を立てるようにしたいですね。

大学入試における外部試験攻略のコツ

志望大学が「出願要件」か「加点式」かを早い段階で知ろう!
「出願要件」:一定成績やグレードに到達していなければ受験資格なし
「加点式」:点数にハンデはあるが、受験はできる

家庭学習の時間をうまく活用しよう!
・限られた時間で、様々な英語の試験を攻略するには、家庭学習を上手く使うしかない!
・通学時間を利用できる場合は、インプットが必要な単語や文法、会話表現などを身につけよう。

大学受験は外部試験だけではない!
・共通テスト、国公立大2次試験・私立大入試の対策時間も考え、年間を通じて効率良い学習を!

コラム

外部試験はどれが受検しやすい?

外部試験は多くの種類があるため、どれがよいのか迷ってしまいますが、この試験が良いという決め手はありません。日程・会場・費用などを考慮するのはもちろんのこと、学校として推奨している検定や小さい頃から馴染みのある検定もあるでしょう。受験環境を含め、自分が受検しやすい検定を選択すればよいと思います。

コラム

「CEFR」ってなに??

先ほどから登場する4つの文字「CEFR」ってなんでしょうか?外部試験を受検する際に、必ず覚えておく必要がある用語で、「セファール」とか「セフアール」と読みます。簡単に言うと、ヨーロッパが中心となって取り決めた「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment)」のことを言います。
大学入試では、例えば、「CEFR A2以上を受験資格とする」とか、「CEFR B1の場合、共通テストの英語の得点に20点を加点する」といった使われ方をします。このCEFRは外部試験それぞれで、スコアや基準が異なります。そのため、以下の一覧表を参考にして、自分が受検する外部試験のスコアとCEFRを確認してみましょう。なお、この一覧表は、文部科学省のホームページにも掲載されています。

外部試験は「CEFR(セフアール/セファール)」が基準

※英検®️における各級の認定スコア
3級:1456、準2級:1728、2級:1980、準1級:2304、1級:2630

2018年3月文部科学省公表資料に基づく

  • 英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨その他の検討を受けたものではありません。
  • 「GTEC®」は株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。この商品・サービスの内容は、株式会社ベネッセコーポレーションの承認や推薦を受けたものではありません。