大学入試共通テストの全貌

センター試験と異なることは何か、大学入学共通テストの全貌を把握し、確実な一歩を踏み出しましょう。

大学入試センター試験との違いはここ!

「ここが変わる!!新・大学入試」のコーナーでも紹介しました通り、共通テストはセンター試験を踏襲します。出題傾向としてセンター試験よりも思考力や判断力を測るための問題が増える見通しですが、「高校で学習した内容の確認」が土台となるため、基礎・基本を疎かにしないことは今までと変わらず重要です。

大学入試センター試験
・1月13日以降の土日2日間
・全てマーク式
・6教科30科目
・全て点数で評価
・英語は筆記とリスニング

大学入学共通テスト
・1月13日以降の土日2日間
・全てマーク式
・6教科30科目
・全て点数で評価
・英語はリーディングとリスニング

大学入学共通テストの概要

実施時期 ・2021年1月16日(土)・17日(日)
出題範囲 6教科30科目から出題 
(現在のセンター試験と同じ教科目数)
出題形式
出題内容
全てマーク式だが、
センター試験とは異なる解答形式や問題素材
共通テスト
の英語
【共通テスト】 リーディングとリスニング
※配点がそれぞれ100点ずつ

科目や試験時間・配点は?

共通テストで課される教科・科目はセンター試験と同じですが、一部の教科で試験時間や配点が変わる予定です。
現時点で外国語の英語は筆記からリーディングに名称を変え、筆記200点・リスニング50点だった配点がそれぞれ100点ずつに変わることが決まっています。

●配点の変更
英語:筆記200点・リスニング50点⇒リーディング100点・リスニング100点

2020年1月29日に大学入試センターより示された資料に基づき作成

どんな問題が出るの?

共通テストの問題はセンター試験の内容を踏まえたものとされていますが、2017年と2018年に大学入試センターが実施した共通テストに向けた「試行調査(※)」では、センター試験とは異なる特徴が2つ示されています。1つは思考力や活用力を測る問題が重視される点、2つ目は実用的な文章や身近にあるものを題材とした問題が出題されるという点です。特に1つ目の思考力や活用力を測る問題では、これまでセンター試験では出題されなかった形式の解答方法なども取り入れられる予定です。

●思考力や活用力を測る問題の重視
知識と知識を組み合わせ、または比較させて解答させる問題 資料1と2より・・・・
ある知識をもとに、何かを推測させて解答させる問題 結果は○○だが その中で・・・・
・答えが1つに定まらない問題、最初の解答が次の解答の根拠になる問題
答えを導くプロセス(過程)そのものをマークまたは記述 ある実験の結果、○○となったが・・・・

●実用的文章、身近な題材、地域の課題から出題
学校の授業(探究学習や課題研究など)を場面として想定させた出題 社会や理科で出題多し
日常的な出来事や題材、ICTの活用を意識した出題
・会話や討論、新聞記事などを題材にした出題 省庁の白書、六法全書なども出題として想定

●センター試験で問われてきた知識はもちろん問われる!
・センター試験は「学校で習得した知識が身についているかどうか」
・教科書に登場する知識の習得は前提条件!

コラム

試行調査って?

共通テストを実施する前に検証する必要性から行われた試験のことで、2017年と2018年に実施されました。

共通テストで出題された新しい傾向の問題には、いくつかの特徴があります。
一例を紹介します。

問題例①

複数の資料を比較し分析して解答を導く

参考:大学入学共通テスト 2018年度「試行調査」より

問題例②

最初の解答が次の解答に連動
教科書の「太字」ではなく本文(歴史の流れ)を理解できているかどうか

参考:大学入学共通テスト 2018年度「試行調査」より

英語の出題は何が変わるの?

共通テストで課される英語は「リーディング」と「リスニング」です。センター試験と違う点を大きく3つ挙げることができます。

①配点の変更
英語:筆記200点・リスニング50点⇒リーディング100点・リスニング100点

②リーディング
「読み(読解)」を中心とした出題(発音・アクセント、語句整序は出題されない)

③リスニング
1回読みと2回読みの両方が出題(難度の高い問題ほど1回読みになる可能性あり)
・配点の変更に伴い、問題量が増える可能性がある(センター試験よりも小問10題程度)

それほど変化していないように見えますが、実は結構違います。
例えば、リーディングは読み中心の出題となるため、現在のセンター試験よりも“読む”量が増えるにも関わらず、試験時間には変更がないことから、これまで以上に時間配分を考えて試験に臨む必要があります。
一方、リスニングも配点変更により問題量が増えることから、今までは全て2回読み上げていたものが1回だけの問題も出題されます。そのため、センター試験以上に正確に聞き取る力が試されます。また、リスニングは「多様性」という観点から、様々な国籍の英語が流れる予定ですので、その点を踏まえてトレーニングを積むと良いかもしれません。

※共通テストにおける出題のポイント
(1) 実際のコミュニケーションを想定した明確な場面、目的、状況を設定。
(2) CEFRのA1からB1までの問題を組み合わせて出題。
(3) 要点を把握する問題、複数の情報を統合して答える問題、読み取った(聞き取った)情報と図表からの情報を統合させて答える問題など、思考力・判断力を試す問題を出題。
(4) リーディングでは「読むこと」の力を把握することを目的とし、発音、アクセント、語句整序などの問題は出題しない。
(5) リスニングについては、アメリカ英語以外の読み上げも行う。また、1回読みと2回読みが混在する構成で実施し検証する。

コラム

幻の英語民間試験の共通テスト利用

英語は共通テストの「リーディング」と「リスニング」の2種類で評価を行います。
文部科学省は、2020年度(2021年度入試)からの大学入試に関して「英語は4技能評価が原則」という方針で、共通テストの中で民間試験の成績を活用する「大学入試英語成績提供システム」の導入を進めてきました。50万人規模で実施する共通テストでは、スピーキング(話す)やライティング(書く)を一斉に行うことが困難と判断し、外部試験を活用することが決まっていました。しかし、試験会場や受験料などの課題がクリアできないことから、2019年11月1日に見送りとなりました。この日は成績提供システムに必要な共通IDを申請する初日でした。
共通テストのリーディングとリスニングは2023年度(2024年度入試)まで実施される予定で、英語民間試験は2024年度(2025年度入試)から導入されることになっています。

2016年に文科省より示された資料に基づき作成