亀田 和久(化学)

  • 理科

【講師からのメッセージ】

イメージさせる力を教えます。
素人が柔道をやるとすぐに一本背負いなど相手を投げる技を覚えようとしますが、柔道を我流で学んでも強い選手には勝てません。もちろん、最初は基本の受け身や組み手をていねいに覚える必要があります。
化学も同じで、基本の知識を学んだうえで、しっかりと観察することが学力アップのポイントなのです。こうやって例えると、すこしイメージがわいてきませんか?
実は化学ってイメージする力が大切なんです。私の授業では、答えを暗記することだけは絶対せず、図をきちんと書き、色を塗り、現象を頭の中に描き、問題から答えにたどり着く道のりをしっかりイメージしてもらいます。それが、合格はもちろん、化学の本当の楽しさを味わうことにもつながります。


【講師ストーリー】

講師になったのは、化学が楽しいということを伝えたいから。化学は暗記かのように思う生徒が多いですが、それでは辛いだけでなく、覚えられません。反応や現象には仕組みがあります。それを知る楽しさを知って欲しいと思います。

講師紹介動画

講義をしている校舎

執筆書籍

  • [新版]化学(基礎問題集)

    センター本試験および追試験の出題傾向や難易度を徹底的に分析し、苦手意識のある受験生やこれから本格的にセンター対策をスタートしようとする受験生に向けて、出題分野・形式別に基礎から学習できます。

  • [新版]化学(標準問題集)

    センター本試験および追試験の出題傾向や難易度を徹底的に分析し、出題分野・形式別に集中学習できます。