代ゼミ受験サポートコラム大阪南校コラム

受験勉強と睡眠時間の関係について

受験において焦るのは良くない!焦るときの対処法

受験勉強と睡眠時間には実は密接な関係があります。
受験勉強をするうえで、よく眠り、よく勉強することはとても大切です。
本記事では、そんな受験勉強と睡眠時間の関係について詳しくご説明します。

受験勉強と睡眠の関係は?

勉強時間が最も大事だから睡眠を削ってでも勉強しよう。
そのように考えている方もいるのではないでしょうか?

実は、効率的に勉強を行ううえで、睡眠は非常に重要です。
効率のいい勉強を行うには、疲れた脳を回復させなければなりません。
そのために睡眠は必要不可欠なのです。

また、人の脳は眠っている間に記憶を定着させようとする性質があるため、成果を自分のものにするためにも睡眠は欠かせないのです。


受験生の理想的な睡眠時間

受験生の理想的な睡眠時間

では、理想的な睡眠時間は何時間なのでしょうか?
実は、これには明確な答えはありません。
必要な睡眠時間には個人差があるためです。

高校生という伸び盛りの時期には8時間の睡眠が必要という意見もあれば、ショートスリーパーであれば3時間でも大丈夫だという極端な意見もあるでしょう。
また、6時間以下の睡眠では極端にパフォーマンスが下がるという結果もあるようです。

ただ、一般に難関大を受験する受験生の睡眠時間は6~7時間ほどが平均だといわれていますので、それを自身の睡眠時間の目安として考えてもよいでしょう。

夜型は本番でベストの力を出しにくい

試験は朝から始まります。
そのため、夜型の脳では試験時間中にベストパフォーマンスが発揮しにくくなります。

睡眠時間を早寝早起きになるように調整しておき、朝に勉強をする習慣をつけておけば、試験本番でベストパフォーマンスを発揮しやすい体をつくっておくことができるでしょう。

受験生は睡眠時間を削るべきなのか

受験生は睡眠時間を削るべきなのか

このように受験生にとって睡眠は非常に重要なものであり、削るべきではありません。
勉強と睡眠を考えたときに勉強の時間を重要視すると、睡眠時間を削るという誤った考え方に陥りがちです。
フォーカスするべきは時間ではなく量です。

睡眠時間を削って勉強をした際と、睡眠をしっかりとっていた際の勉強量がより多い方、もっと言えばライバルたちより多く上回ることのできる選択をすることが正解なのです。

そして、多くの場合、睡眠することによって集中力を回復することができるため、正解は睡眠時間を多くとった場合になります。

おわりに

以上、受験勉強と睡眠時間の関係についてご説明してまいりました。
いかがでしたでしょうか?

勉強を時間でなく量で考えるというのは受験勉強においてとても重要な考え方です。
それは、受験時だけでなく、受験後や社会に出てからも役に立つ考え方となりますので、ぜひ覚えておいてください。

 

≪ コラム一覧 次のコラム ≫