秋からの学習法・学習計画

2019.09.06

秋からの学習法は夏までとは異なった性質をもちます。しっかりと切り替えて臨まなければなりません。

そこで今回は、2学期からの学習法・学習計画を中心にお話をしていきます。
ぜひ参考にし、現役合格に向けた充実の2学期を過ごしてください。

夏までの学習進捗度を把握する①

2学期は、これまでに蓄積した基礎力をもとに問題演習に取り組む時期であると共に、やり残したことを勉強する最後のチャンスです。
夏休みの勉強が計画通りに進んだ人もそうでない人も、まずは夏までの学習を振り返りましょう。
夏休み中に受験した模試の成績(結果が出ていないものは自己採点の状況)を見ながら、学習の遅れている科目や分野に加え、遅れている実感はないが成績に結びついていない科目や分野を、これから重点的に強化すべきものとしてリストアップしましょう。

そのうえで、受験までの時間をどのように使うか計画を立てて学習を進めていきましょう。
すぐにとりかかる必要のあるものから順に、いつまでに何を終わらせるか、といった期間を区切った具体的な計画を立てるようにしましょう。
また、2学期は模試も多く、センター対策や過去問を解く時間の確保も必要になるため、今まで以上に計画的かつ効率的に勉強に取り組む必要があります。

ページのトップへ

夏までの学習進捗度を把握する②

効率的に勉強に取り組むためには、色々な手立てが考えられますが、授業への臨み方に関連して1点重要なことがあります。
2学期の授業は1学期と異なり、「あとで復習すればいい」という考えは通用しません。
その日の授業で習ったことは次の週の授業までには全部身に付けるつもりで臨みましょう。
授業中も一層集中して、その場で覚えられることは覚え、解ける問題は解くように心がけましょう。

ページのトップへ

演習問題を中心にアウトプットの練習を

2学期は、夏までに行ってきた基礎知識の習得からひとつステップアップして、本番を意識したアウトプット型の勉強へと移行していきましょう。
これからはセンター試験対策や過去問演習を通じて、インプットしたものを得点に結びつける練習が必要です。
「アウトプット」とは、「正解を導き出すこと」です。
知っているはず、分かっているはずの事柄が頭に浮かんでこないという経験は受験生なら誰しも持っているでしょう。
その原因は知識の適切な組み合わせ、正しい運用ができていないからです。
これができるようになるための方策は、ひとつしかありません。
それは、予習・復習をしっかりとすることです。
漫然と授業に出席し、説明を受けただけでは知識は定着しません。
予習を通して「自分はこう考え、この答えを出した」という意識をもって授業に臨みましょう。
そうすれば、自分に足りないところや考え方の誤りに気づくことができます。

わからないことは先生に質問をして、解決してから復習を行い、授業で学んだことをしっかりと自分の知識として定着させることが大切です。
そして、過去問や公開模試を活用して「アウトプット」できるようにしましょう

ページのトップへ

過去問を見る①

 

2学期になると、受験生は「そろそろ過去問も…」という気持ちになってきます。過去問の使い方や目的についてポイントを挙げます。参考にしてください。

  • 出題傾向とレベルを知る

  • 今の自分との差を知る

  • リハーサルをする

まずは、①、②から始めましょう。
赤本などの過去問題集の最初の方のページを見てください。
傾向や対策などがわかりやすく記載されているはずです。
そして次に、最近の問題を数年分、解かなくてもいいので眺めてください。
以前に読んだ傾向がどのように当てはまっているか、今の自分に解けるレベルなのかがわかると思います。
勉強に余裕がある人はもちろんそのまま問題を解いても構いませんが、そうではない人は、現段階ではここまでしておけば十分と考えます。

ページのトップへ

過去問を見る②

2学期が始まる頃になると大学入試まであと約4か月しかありませんが、逆に言うとまだ4か月もあります。
4か月あれば、実戦力は大きく変えることができます。
この時期に受ける模試の合格判定はあくまでも現時点の判定であって、4か月後の合否ではありませんので一喜一憂してはいけません。
夏に必死に勉強した割には思ったほど成績に反映されない人もいるかと思いますが、それは、成績というものがすぐに伸びるものではなく、一定の知識や学力がついた後に段階的に伸びるものだからです。
しっかりと勉強に取り組んでいる人には、その瞬間が必ず訪れます。
勝負はこれからです。今は伸び悩んでいる人も、自分を信じて頑張ってください。

ページのトップへ

シェアする

代ゼミJOURNALのトップへもどる

おすすめ記事

ページのトップへ

ページトップボタン