時事王 代々木ゼミナール×読売中高生新聞

2024.6.6

読売中高生新聞「時事王」掲載問題の解答ポイントなどを公開。テストに役立つ時事を学ぼう!

読売中高生新聞「時事王」掲載問題の解答ポイントなどを公開。テストに役立つ時事を学ぼう!

2024年6月7日号

A面「ワークシート」の解答ポイント

【問1】


制服のリユースとリサイクルはどう違うだろうか。【資料1】をヒントにまとめてみよう。なお制服のリユース(再利用)では、不用になった制服を修繕、綺麗にした上で、そのままの形状で次の人の手に渡るようにする。


【解答例】

リユースでは、古着のように、他の人が着た制服を着ることになる。リサイクルでは、回収した制服を原料に戻してから加工し直すので、新たに仕立てられた全く別の制服を着ることになる。


【解説】

【資料1】の3番目が「リサイクル」の事例になっています。
「リユース」「リサイクル」をはじめとして、制服をめぐる取り組みには、それぞれ一長一短があるでしょう。例えば私立学校の中には、独自デザインの「カワイイ」「カッコイイ」制服で人気になる学校もありますが、このことと「地域統一型」の両立は難しいかもしれません。

 

【問2】

あなたは【資料1】のうち、どの取り組みの制服を着てみたいと思うだろうか。環境のことも意識して、理由とともに考えてみよう。


【解答例1】

「サブスク制服」を着てみたい。成長に合わせて無料でサイズ交換できるのは実際便利だ。また、サイズが合わなくなったことを理由とした制服の廃棄が、大きく減ると思うからだ。

【解答例2】
「地域統一型」を着てみたい。理由は、一定地域内で制服が統一されていれば、親戚などの間で制服を柔軟に使い回せる可能性が出て、エコになると思うからだ。

【解答例3】
「循環型制服プロジェクト」に賛同したいと思う。自分が卒業した時、制服がリサイクルされ後輩に受け継がれると思うと、学校生活をしっかり送ろうという気になれそうだ。プロセス全体で原料を抑えられるのも魅力だ。


【解説】

問題文には「環境のことも意識して、理由とともに考えてみよう」とあります。何事であっても、自分の選択は、大局的な観点を踏まえ、そう選んだ理由の説明を用意しながら表明することが大切です。
これは学校という主体でも同様です。政府でも企業でも学校でも、現代ではSDGs(持続可能な開発目標)への真剣な取り組みが重要になっています。取り組んでいない場合、「なぜ取り組んでいないのか」と問われてしまうこともあります。「していること」だけでなく、「していないこと」や「しようと思っていること」にも、理由の説明が必要になる場合があるのです。

 

【問3】

【資料2】の「衣類を捨てない社会」を実現するため、あなたにできることは何だろうか。普段の私服のことも考え、意見を出し合ってみよう。


【解答例】

私は、少し逆説的かもしれないが、各人が「ファッションセンスを磨く」ことが、「衣類を捨てない社会」の実現のためには重要になると考える。私は「ファッションセンス」を持っていない。そのため私は、せっかく私服を自分で選んで買っても、後から「やっぱり似合わなかった」と思い、着なくなってしまうことがある。「自分に似合う服はどんな服か」「何年経っても着続けられる服とはどんな服か」ということを、各人で真剣に考えてみるのもよい。それを話し合う授業があってもよいのではないかと思う。

【解説】

環境問題の議論では、多くの場合、一人ひとりの日常生活内でのアクションが求められます。ですが、そこで単なる義務感が先行するのでは、持続させることは難しいでしょう。衣類のケースでも同様で、「オシャレを犠牲にすることで環境問題に取り組む」のではなく、「オシャレも、環境問題への取り組みも、同時にできる」という枠組みを作っていくことこそ、根本的な問題解決のためには重要になるはずです。

B面の解答ポイント

問1について

正解はbの産業革命です。イギリスは石炭や鉄鉱石を豊富に産出したことや、奴隷貿易により資本が蓄積していたこと、近代的な社会制度が整備されて技術革新が促進されたこと等の条件が重なって、1760年頃から産業革命が始まりました。工業の動力が人力から石炭の燃焼による蒸気力に変わり、生産力が飛躍的に向上しました。特に鉄とガラスの生産量が急増したことを受けて、1851年の第1回万国博覧会ではそれらをふんだんに使用した建物が建ちました。特に注目を浴びたのが、全面ガラス張りで建てられた水晶宮(クリスタル・パレス)です。

 

問2について

正解はエのナポレオン3世です。高校で歴史総合を学んでいないと難しかったかもしれません。ウのナポレオン1世の甥で、1852~70年までフランスの皇帝でした。フランスの産業育成に尽力し、その促進や成果の誇示のために1855年と1867年の万博開催を主導しました。
アのルイ14世は1643~1715年に在位したフランス王で、「太陽王」と呼ばれて典型的な絶対王政を行いました。イのルイ16世はフランス革命により1793年に処刑されたフランス王です。ナポレオン1世はフランス革命の混乱を収めて1804年に皇帝に即位しました。

 

問3について

正解は渋沢栄一です。問題文の通り、彼は江戸幕府の使節の随行員として1867年のパリ万博に派遣され、江戸幕府の万博パビリオンの運営者としても活躍しました。渡仏中には万博やパリの視察を行って経済について学び、帰国後の明治時代には多くの企業の設立に携わりました。このため渋沢栄一は「日本資本主義の父」と呼ばれています。この功績から、2024年7月から発行される新紙幣では1万円札の肖像に選ばれました。
なお、1867年の日本の出展は江戸幕府と薩摩藩、佐賀藩に分かれていました。これは薩摩藩が倒幕を主導する立場として、自分たちは江戸幕府とは別の政府であると主張したためです。幕末の政治混乱が万博にも影響を与えた事例と言えます。

 

問4について

正解はアの「パビリオン内に日本庭園が築かれた」です。万国博覧会は、特に19世紀には各国が主に科学や科学技術の進展をアピールする場となっていましたが、1873年の日本はまだ明治時代に入ってすぐの時期であり、科学や科学技術は欧米諸国に比べて遅れていました。このため日本文化を紹介するパビリオンを建設する方針とし、パビリオン内には日本庭園を造り、また浮世絵や漆器・陶磁器を展示しました。これらは来場者の好評を博し、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世も日本館を訪れました。こうした1867年のパリ万博や1873年のウィーン万博を受けて、オーストリアやフランスでは日本文化への関心が高まり、日本趣味(ジャポニスム)が流行しました。
イの「エレベーターが初めて設置された」のは1853年のニューヨーク万博の建物、ウの「世界初のファクスが展示された」のは1851年のロンドン万博での出来事、エの「回転ずしが展示された」のは1970年の大阪万博での出来事です。


問5について

正解はaのフランス革命です。1889年の百年前、1789年にフランス革命が起きました。革命前のフランスは身分制を基礎とした社会であり、わずかな聖職者(第一身分)や貴族(第二身分)は税などを免除され、平民(第三身分)は重い負担に苦しんでいました。この状況を打破しようとして起きたのがフランス革命です。初期の革命を指導したラ=ファイエットにより「人権宣言」が発表されて、人権の観念が確立されることになった重要な出来事です。

 

問6について

正解はeの世界恐慌です。1920年代のアメリカは空前の好景気が続いていましたが、1929年10月にニューヨーク株式市場の株が暴落し、一転して不況に陥りました。アメリカが不況になったことで世界中に恐慌(不況)が波及し、世界恐慌と呼ばれる出来事になりました。1933年のシカゴ万博はまだアメリカが世界恐慌の痛手から立ち直っていない中で開催され、「進歩の世紀」をテーマとして最新の電車や自動車が展示されました。

 

問7について

正解はfのキューバ危機です。当時は社会主義を掲げるソ連と、資本主義を掲げるアメリカが争う冷戦の時代でした。キューバはカリブ海に位置するアメリカから近い国ですが、革命により社会主義国となり、ソ連と友好を深めていました。1962年にキューバでソ連がミサイル基地を建設して核兵器を配備しようとすると、アメリカがそれを妨害したため、核戦争の危機に発展しました。最終的にソ連が妥協してミサイル基地建設を中止して解決しましたが、キューバ危機は核戦争の恐怖を世界に知らしめる出来事となりました。

 

問8について

正解は「太陽の塔」です。1970年の大阪万博のシンボルとして、画家の岡本太郎氏が設計しました。独特の風貌から当時は賛否両論でしたが、時が経つにつれて高い評価を受けるようになり、現在でも万博記念公園内に立っています。塔内は中空となっていて、予約の上で入ることができます。


問9について

正解は「ミャクミャク」です。太陽の塔の系譜を引く独特な風貌で、かわいい反面、ちょっと怖くて気持ち悪い、いわゆるキモかわいいデザインということで話題になりました。2025年の大阪万博のテーマ「いのち輝く未来」にあわせて、赤い部分は細胞、青い部分は清い水を表しているそうです。この人間をまねた姿以外に様々な形に姿を変えることができるそうですので、会場ではきっと多様な姿を見せてくれることでしょう。愛称の「ミャクミャク」は「脈々」と受け継がれてきた人間のDNAや知恵、技術、文化などを未来につなぐという意味が込められているそうです。


 

ページのトップへ

2024年5月3日号

A面「ワークシート」の解答ポイント

【問1】


トラック運転手らの労働時間の短縮によってどのような問題が生じると予想されるか、資料から読み取ろう。


【解答例】

宅配便の取扱個数は増える一方なのに対し、トラック運転手らの労働時間は短縮するので、運べる荷物の個数が減ってしまうこと。


【解説】

トラック運転手らの労働時間の短縮によってどのような問題が生じるかを答える問いです。【資料1】では勤務中の休憩時間に関する決まりの厳格化、時間外労働の上限規制、勤務と勤務の間の休息の決まりなどで、トラック運転手らの労働時間が短縮される話がされています。【資料2】ではトラック運転手らの稼働時間が短くなる一方で、宅配便の取扱個数が増加の一途をたどっており、将来的には運べなくなる荷物が生まれる話がされています。よって、【資料1】【資料2】の話を組み合わせると、宅配便の取扱個数は増える一方なのに対し、トラック運転手らの労働時間は短縮するので、運べる荷物の個数が減ってしまうという問題が生じるということが分かります。

 

【問2】

問1のような問題があるにもかかわらず、政府が「働き方改革関連法」でトラック運転手らの残業を規制したのはなぜだろうか、自分で考えてみよう。


【解答例】

・トラック運転手らの過酷な労働環境を改善するため。

・過酷な労働環境による働き手不足を解消するため。


【解説】

問題があるにもかかわらず、政府が「働き方改革関連法」でトラック運転手らの残業を規制した理由を考える問いです。「働き方改革関連法」という名前の通り、この規制はトラック運転手らの働き方を変える目的で行われました。物流業界は、若手不足と高齢化による労働力不足の中、宅配便の取扱個数は増え、長時間労働が慢性化し、過酷な労働環境によりさらに働き手が減るという悪循環に陥っていました。政府は、トラック運転手らの過酷な労働環境を改善し、働き手不足を解消するために今回の規制を行ったのです。記事ではあまり触れられていませんでしたが、規制にはこのような背景があるということも知っておきましょう。ほかにも、バス・タクシー運転手、建設業、医師にも、2024年4月から時間外労働の上限規制が設けられます。どれも長時間労働が問題となっている業種です。このような業種では、働き手の長時間労働の上に私たちの生活が成り立っていたので、時間外労働の上限規制は私たちの生活にも影響が出てくるかと思います。しかし、それは長時間労働の是正という正当な政策から生まれる影響なので、私たちもそれらの変化を受け入れ、一緒に対策をしなければなりません。

 

【問3】

問1の問題に対して私たちができる対策は何か、自分で考えてみよう。


【解答例】

・なるべくまとめ買いをして、配送回数が少なくなるようにする。

・到着を急いでいない荷物は、最短の商品到着日より遅い配達を選択する。

・置き配や宅配ロッカー、コンビニ受け取りを利用する。

・配送サービスの中で、あらかじめ、受け取り可能な日時を設定しておく。

【解説】

問2では問題の背景を考えましたが、問3では問題の対策を考える問いになっています。私たちにできることとして、まずは依頼する宅配物の数を減らすことが思いつきますが、様々な事情から宅配物を頼まなければならないこともあるでしょう。そこで、①なるべくまとめ買いをして、配送回数が少なくなるようにする、②到着を急いでいない荷物は、最短の商品到着日より遅い配達を選択する、③確実に受け取れるように、置き配や宅配ロッカー、コンビニ受け取りを利用する、④配送サービスの中で、あらかじめ、受け取り可能な日時を設定しておく、などの対策が考えられます。もし、私たちが何も対策を行わなければ、【資料2】にもあった通り、荷物が運ばれなくなる可能性や、運ばれたとしても送料がとても高くなることも考えられます。宅配物を頼むときも、それを運んでくれている人のことを考えられると、自分たちの今後のためにも、配送員の方のためにもなると思います。
また、ここでは取り扱いませんでしたが、物流業界としても対策を行っています。読売中高生新聞の3月15日号でも紹介されていますが、「ダブル連結トラック」というトラックのコンテナを連結し、一度に2台分の荷物を運べるようにしたものを使用したり、長距離輸送を1人の運転手が行うのではなく、中継地点を設け、何人かで分担する「中間輸送」という輸送方式を採用したりしています。さらに、トラック以外の、鉄道や船、飛行機、ドローン等を利用して輸送したりもしています。また、今後、AIを搭載したロボットを使って荷物の積み上げを行ったり、デジタルツールを導入して、業務の効率化を進めたりするといった対策も考えられています。例えば、ドライバーの拘束時間が長くなる原因の一つとして、荷物の積み下ろしの際に荷主や物流施設の都合によってドライバーが待機している「荷待ち時間」が問題視されてきました。この問題への対応として、トラック予約受付システムの導入が考えられます。予約受付システムを使用することで、トラックの到着時間が事前に予測可能となり、それに応じて荷積みや荷卸しの準備を効率的に行うことができます。さらに、トラックの到着時刻が分散され、ドライバーが荷物の積み下ろしを待つ時間が大きく減少するでしょう。このように、デジタルツールを使うということも今後大事になってくると考えられます。

 

B面の解答ポイント

【問題1】の問1について

正解は九州新幹線です。
1964年に初めての新幹線である東海道新幹線(東京-新大阪)が開通した後、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線などの建設が進みました。1973年、政府が法律に基づき計画を決定した「整備新幹線」は、北陸新幹線以外にも九州新幹線などがあります。九州新幹線は2004年、熊本県の(しん)八代(やつしろ)から鹿児島中央まで、2011年、福岡県の(はか)()から新八代までが開通し全通となりました。現在は九州新幹線と山陽新幹線が相互に乗り入れ、新大阪から博多や熊本を経由して、鹿児島中央までの直通列車が運行されています。

 

【問題1】の問2について

正解は金沢です。
金沢は石川県南部に位置し、石川県の県庁所在地としてだけではなく北陸地方の中心都市としても発展しています。かつては百万石の領地があった(まえ)()家の城下町で独自の伝統文化が発達し、日本三名園の一つ、兼六(けんろく)(えん)などの観光名所があります。2015年、北陸新幹線が長野から金沢まで延伸され、東京までの所要時間が短縮されたことで観光客が増加するなど大きな経済効果がありました。

 

【問題1】の問3について

正解はDの若狭(わかさ)湾です。
若狭湾は福井県と京都府が面する日本海側の湾で、2024年3月16日より北陸新幹線の終点となった敦賀(つるが)は若狭湾の東側に面した港町です。若狭とは福井県西部の旧国名です。若狭湾沿いは複雑なリアス海岸が発達し,福井県側には複数の原子力発電所が立地しています。北陸新幹線は今後、敦賀から京都を経由して新大阪までの延伸が計画されています。
Aの諏訪(すわ)湖は長野県中央部にある湖です。Bの志摩(しま)半島は三重県にあるリアス海岸が発達した半島です。Cの濃尾(のうび)平野は愛知県と岐阜県に広がる平野です。

 

【問題1】の問4について

正解は紫式部です。
紫式部は平安時代の10世紀後半に京都の貴族、藤原(ふじわら)(のため)(とき)の娘として生まれ、本名は不明です。父の為時が996年、越前(えちぜん)の国司となったことで、一時期越前に住んでいたとされています。京都に戻り結婚し娘を産むも夫が先に亡くなり,この時代では他に例を見ない長編小説の『源氏物語』を書き始めました。紫式部はその文才を()大臣(だいじん)の藤原道長に認められ、1005年ごろから道長の娘である天皇のきさきに仕えました。かつて越前の国府(役所)があったとされ、2024年3月16日に北陸新幹線の越前たけふ駅が開業した越前市には「紫式部公園」があります。


【問題2】の問1について

家、学校、会社といった比較的小規模な組織の内部において、いくつかのコンピュータを接続することで構成されるネットワークのことをLANといいます。LANは「Local Area Network」の頭文字を取った言葉です。
LANを構成するには、専用のLANケーブルで各機器を接続する方法と、「アクセスポイント」と呼ばれる装置から電波を送受信して各機器を接続する方法が主流です。後者の方法で構成されるLANはよく「無線LAN」と呼ばれます。
また、離れた場所にあるLAN同士を接続してできるネットワークのことをWAN(Wide Area Network)といいます。皆さんはこのページを見るために「インターネット」を利用していると思いますが、このインターネットも、世界中にあるコンピュータやLANをつないだ、世界規模のWANといえます。

 

【問題2】の問2について

ランサムウェア(ransomware)は、「身代金」を意味する英単語「ransom」と、「software」を組み合わせた言葉です。
ネットワーク上で通信されている情報は基本的に、第三者に内容を見られないように暗号化されて送受信されています。暗号化された情報は、「鍵」を使って復号(詳細は問3の解説をご覧ください)しないとその内容を読み取ることが困難という性質があります。
ランサムウェアを用いたサイバー攻撃ではこの性質を悪用しており、他人の情報を意図的に暗号化することで利用できない状態にし、復号のために対価(身代金)を払うよう要求するというのが基本的な手口です。近年ではそれに加えて、コンピュータシステムに侵入した際に情報を盗み取り、それを外部に流出させると脅して二重に身代金を要求するという事例も出てきています。
記事にもある通り、ランサムウェアによる被害は国内外の様々な企業や団体に及んでいます。日本でも、自動車メーカー、大学、病院などが標的に遭い、業務が停止したり個人情報が流出したりする事件が発生しています。
その他の選択肢の意味は以下の通りです。
「トロイの木馬」…無害なソフトウェアを装って利用者にインストールしてもらい、侵入したコンピュータ内で不正な操作を行うソフトウェア
「フィッシング」…本物そっくりのウェブサイトに利用者を誘導し、そのウェブサイトでパスワードなどを入力させることで個人情報を盗み取る詐欺の手法
「ワンクリック詐欺」…ウェブサイトや電子メールに付けられたURLをクリックしただけで契約が成立したと主張し、高額な料金の支払いを迫る詐欺の手法

 

【問題2】の問3について

ネットワークを通じて離れた他人に情報を送るとき、通信路の途中では、その情報を盗み見たり、内容を書き換えたりしようと企む人もいます。そのため、もしメッセージを暗号化せず元の文章のまま(これを「平文(ひらぶん)」といいます)送信すると、その内容が第三者に盗み見られ、情報漏洩などにつながる危険性があります。
このようなことを防ぐために、平文は、第三者に見られても内容が分からないように変換して送受信する必要があります。この操作を「暗号化」といい、暗号化によって変換された平文のことを「暗号文」といいます。そして受信者に届いた暗号文は、その後平文に直すことで内容を読み取ることができます。この平文に直す操作を「復号(ふくごう)」といいます。
暗号化の方式は、暗号化と復号に同じ規則や情報(これを「鍵」といいます)を使う「共通鍵暗号方式」と、暗号化と復号で異なる鍵を使う「公開鍵暗号方式」の大きく二つに分類されます。

 

【問題2】の問4について

問題文にもある通り、ランサムウェアは他人のコンピュータに侵入し、コンピュータ内の情報を利用できないようにします。そのため、重要な情報はハードディスクなど外部の記憶装置に保存(バックアップ)しておくことで、ランサムウェアによって情報が利用できなくなったとしても、外部の記憶装置に保存していたものを利用することで、再びその情報を使うことができます。
その他の選択肢が不適切な理由は以下の通りです。
「ログインするためのパスワードを、複数のコンピュータで統一させる」
…複数のコンピュータで同じパスワードを使いまわすと、あるコンピュータで使われているパスワードが漏洩したとき、芋づる式に他のコンピュータにも侵入できるようになってしまいます。
パスワードは極力長く推測されにくいものにし、コンピュータごとに異なるものにすることが大切です。
「ウイルス対策ソフトのアップデートが発表されたとしても、むやみに更新しない」
…送信元が分からないソフトウェアはむやみにインストールするべきではありません。しかし適切な会社から提供されているウイルス対策ソフトウェアは、日々変容するコンピュータウイルスに対抗するために、定期的にソフトウェアのアップデートが行われています。
そのため、このようなウイルス対策ソフトウェアに関しては、アップデートが発表されたらできるだけ早く更新し、コンピュータを万全の状態に保っておくことが大切です。
「より高性能なCPUを搭載したパソコンに買い替える」
…CPU(中央処理装置)は、コンピュータ内の各装置に命令を送る「制御装置」と、コンピュータ内でデータの計算を行う「演算装置」を合わせた装置のことです。CPUの性能がコンピュータ全体の性能を左右するため、コンピュータの頭脳ともいえる重要な存在です。
しかし現在使われている暗号化方式は、復号のための鍵が無い状態では、スーパーコンピュータを用いて何万年もかけて計算を行わないと復号できないぐらい複雑な理論・技術が用いられています。そのためどれだけ性能の良いCPUが備わっていたとしても、ランサムウェアによって暗号化された情報は、鍵が無い状態で復号することはほぼ不可能です。


 

 

ページのトップへ

2024年4月5日号

A面「ワークシート」の解答ポイント

【問1】


なぜ日本に花粉症の原因となるスギやヒノキ林が多くなったのか。またなぜ山林の少ない都会でも花粉症が発症、症状が深刻化するのか。文章を要約してみよう。


【解答例】

第二次世界大戦後の復興や高度経済成長で多くの木造資材が必要となり、成長が早く建築に使いやすいスギやヒノキが各地で組織的に植林されたことで増えた。都会では地面の大部分がアスファルトなので、土よりも花粉が舞い上がりやすくなるうえ、そこに汚染物質が付着して、さらにひどいアレルギー症状を引き起こす。


【解説】

読み手を意識して必要な情報をまとめ、資料後半の部分を自分なりの文章に言い換えてみましょう。戦争からの復興が、現在に至るまで意外な分野に影響を及ぼしているということを念頭に置いて世の中を見渡してみると、また違った景色が見えてくるのではないでしょうか。スギやヒノキは、植林後に安価な海外木材の輸入が増加して国産材の需要が減り、伐採されず放置されたという事情もあります。

 

【問2】

花粉症の原因は植物だが、歴史をたどれば人災であるとも言える。これまで、スギ花粉と同じようなパターンで引き起こされた社会規模での予想外のトラブルなどについて、どのような事例があったか考えてみよう。また、これから数十年後に、同様に社会規模でのトラブルを引き起こすかもしれない事例や、引き起こしつつあると考えられる事例があれば書いてみよう。


【解答例A】

(過去の事例)戦後の食糧難を打開するため、ブラックバスやアメリカザリガニ、ジャンボタニシ、ウシガエルなどが食用目的で海外から持ち込まれたが、それらの生物が持て余されて野生化し、日本固有の生態系を破壊したり、農業を阻害したりするようになっている。


【解答例B】

(将来の事例)エネルギー問題解決のため設置が推奨されてきた太陽光パネルであるが、その耐久性の弱さ、火災時の消火が困難である点などの問題が指摘されるようになってきている。今後は太陽光パネル付きの空き家が放置され、撤去費用や火災などの問題により、社会全体が不利益を被るかもしれない。


【Aの解説】

明治以降に人やモノの動きが活発になったことで、外来生物と在来種が混ざり合い、今日のような事態に至っています。2018年には、千葉県などが開催した環境イベントにて、カミツキガメを食材としたスープが振舞われ「おいしい」と話題になりました。他にも、北海道でかつては駆除対象でしかなかったウチダザリガニがレイクロブスターという名前で出荷され、今では人気食材となるなど、外来種を食べて減らそうという斬新な取り組みも見られるようになっています。


【Bの解説】

日本社会は、このままだと空き家が増加する見込みです。太陽光パネルによって引き起こされた火災は、消防隊員が感電するおそれがあり、消火が困難であることがわかっています。このペースで太陽光パネル付きの家が増えると、より危険な空き家の処理を未来世代に残すことになります。2023年現在、東京都は太陽光パネルの設置に助成金を払っていますが、設置や廃棄に伴う環境破壊も含め、慎重な計画が必要です。

 

【問3】

植林と花粉症の事例のように、ある時点で行われた組織的な活動が、未来世代に対して予想もつかない負の影響を及ぼす場合がある。問2で考えたこともふまえながら、何かある具体的な事柄をめぐり未来世代のためにどのような配慮をしていくべきか、あなたの考えを自由に書いてみよう。


【解答例】

現代では社会全体でデジタル化が推進され、教育現場でも活用が促されているが、そうした状況も背景として、中高生の多くがスマホ依存症に陥っていることが問題視されている。これに伴って、記憶力・集中力の低下や健忘など、「スマホ認知症」という症状が見られるという指摘も出ているようだ。集中力を要する人の作業によって支えられている社会が、そのような状況下で、将来的にどのように変わっていくのかを考えてみる必要がある。いずれ「スマホ依存症・認知症」が花粉症と同じような国民病となり、治療が広く行われるような未来が到来するかもしれない。教育現場に限らず、日常生活の様々な場面でスマホなどデジタル機器を活用せざるを得なくなっているという流れには、ある程度歯止めをかけておくべきなのではないだろうか。

【解説】

解答例ではスマホ依存の話題を出しましたが、こと生態系や大気の状態などが関わる問題をめぐっての人間の活動は、時間差で自らの首を絞める結果になることが少なくありません。例えば、「生態系」という概念は1970年代以降に登場しましたが、その概念によって示されている事柄は、本当はずっと前からそこにあったものです。科学技術が発達して、従来まで当たり前であった大切な何かが破壊されてしまってから、初めてそれが意識されるということもあります。20世紀以降、急速に発達した科学技術ですが、進み続けるだけが人類のためになるとは限りません。過去から学び、一歩立ち止まる、時には何歩か下がることも、人類のための勇気ある選択なのではないでしょうか。

 

B面の解答ポイント

問1について

( ① )にはスイスが入ります。スイスはヨーロッパの中部に位置し、アルプス山脈が通るため平均標高は約1300mと高いです。スイスはおよそ北緯47度の場所に位置し、カカオベルトには含まれずカカオ豆の生育に適した気候ではありませんが、カカオ豆をカカオベルトに含まれる国から輸入してチョコレートを生産しています。チョコレートなどを販売する多国籍企業のネスレはスイスのヴヴェに本社を置いています。
また、スイスのジュネーヴは世界保健機関(WHO)や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などの本部が置かれるなど、国際都市として知られています。

 

問2について

( ② )にはインドネシアが入ります。インドネシアは赤道付近に位置する島国で、スマトラ島、カリマンタン島などに赤道が通っています。インドネシアは2021年の人口が約2億7400万人と世界第4位の多さで、人口の8割以上がイスラーム教徒であることから、イスラーム教徒の数が世界最大です。
インドネシアの他にも、カカオ豆の生産量が多い国は北緯20度から南緯20度あたりの、「カカオベルト」と呼ばれる地域に集中しています。カカオ豆は平均気温が27℃以上、降水量が1000mm以上の高温多湿の気候で育つため、カカオベルトの気候はカカオ豆の生育に適しています。

 

問3について

インフォグラフィック(Infographic)とは、情報(Information)を図(Graphic)などを使って分かりやすく表現したものをいいます。データをまとめる際に、単に数字を羅列するのではなく、図やイラストなどを使うことによって、データを視覚的に分かりやすく伝える効果が期待できます。
ピクセルは「画素」ともいい、コンピュータで画像を表現する際の最小単位を指します。コンピュータはピクセルごとに色の情報を与え、それを縦横にいくつも並べることによって、画像を表現しています。
ビッグデータとは、名前の通り、様々な種類のデータで構成された巨大なデータの集まりを指します。ビッグデータに含まれるデータの中から必要なものを見つけ出して分析することで、新たな価値が生まれたり、今まで気づかれなかった情報が見つけ出されたりすることもあります。そのため、ビッグデータは今後さらに重要度が増していき、より活発に活用されていくことでしょう。
ユニバーサルデザインとは、年齢や性別、障害の有無などにかかわらず、すべての人にとって使いやすくなるようなデザインのことを指します。例えば、シャンプーとボディソープの容器には、側面にそれぞれ異なる形の突起が付いていますが、リンスやトリートメントの容器には付いていません。これによって、目の不自由な人でも触るだけでどの容器か判別できるようになっています。

 

問4について

各選択肢の正誤を調べるには、問題文中にあるどのデータを用いればよいのか、またそのデータは選択肢の正誤を調べるのに適切なものであるのかを考えましょう。
割合などを考える際には、電卓を用いて計算しても良いですが、統計データの大枠を素早く読み取れるようになるために、下のような大まかな計算や考察ができるようにしておくと良いでしょう。


ア:コートジボワールのカカオ豆生産量は図から212万トンであることが分かります。もし世界全体のカカオ豆生産量のうち、コートジボワールが占める割合が50%を超えているとしたら、世界全体のカカオ豆生産量は424万トン以下となります。
ところが「カカオ豆生産量の地域別割合」のグラフを見ると、アフリカと中南米におけるカカオ豆生産量だけでも455.21万トンとなっており、アジア・オセアニアを含めると、カカオ豆生産量はそれより多くなります。よってコートジボワールのカカオ豆生産量は世界全体の50%未満(実際には約44%)であることが分かります。
なお、アフリカ全体におけるコートジボワールのカカオ豆生産量の割合であれば約59%となり、コートジボワールが半数以上を占めます。


イ:「カカオ豆生産量の地域別割合」のグラフから、中南米全体のカカオ豆生産量は96.34万トンであることが分かり、これの30%は28.902万トンとなります。エクアドルのカカオ豆生産量は37万トンなので、中南米全体のカカオ豆生産量のうち、エクアドルが占める割合は30%を超えている(実際には約38.4%である)ことが分かります。


ウ:もし日本のカカオ豆の輸入量のうち90%以上がガーナから輸入されているならば、それ以外の国からの輸入量の合計は全体の10%以下となります。これは言い換えると、ガーナからの輸入量はガーナ以外からの輸入量の9倍以上となるはずです。
「日本のカカオ豆の主な輸入国」のグラフから、エクアドルとベネズエラからの輸入量の合計は6000トン以上であることが分かり、ガーナからの輸入量はその9倍である5.4万トン以上でなければなりません。ところが同じグラフから、ガーナからの輸入量は約3.9万トンであることが分かるため、矛盾します。したがって日本のカカオ豆の輸入量のうち、ガーナが占める割合は90%未満(実際には約79.4%)であることが分かります。


エ:左上のグラフは、「1人あたりの」年間のチョコ消費量を表しているため、「国内全体での」年間のチョコ消費量を求めるには、別途各国の人口を考慮する必要があります。そのためドイツの「1人あたりの」年間のチョコ消費量は、日本のおよそ4.18倍であることは正しいですが、このことから直ちに、ドイツの「国内全体での」年間のチョコ消費量が、日本の4.18倍であることは言えません。
実際、ドイツの人口は約8300万人、日本の人口は約1億2000万人であることを用いると、国内全体での年間のチョコ消費量はドイツが約76.4万トン、日本は約26.4万トンとなり、ドイツの国内全体での年間のチョコ消費量は、日本の約2.89倍となります。


以上の分析から、正しい記述はイであることが分かります。

 

問5について

各選択肢のグラフの特徴を見てみましょう。
折れ線グラフは、一つの項目について、その値の変化を時系列的に見るのに便利なグラフです。また、線の傾きによって変化の割合を直感的に把握するのにも便利です。
円グラフは、各項目について、全体に対する割合を見るのに便利なグラフです。
帯グラフは、円グラフと同様に各項目の全体に対する割合を見るのに便利なグラフです。円グラフに比べて、帯グラフは時系列順に並べやすく、各項目の割合の変化を把握しやすいというメリットもあります。
箱ひげ図は、ある項目の数値の最小値、第1四分位数、中央値、第3四分位数、最大値の五つの値(平均値を含めて六つとすることもある)について、箱と線分を組み合わせることで値を見やすくした図です。帯グラフと同様、並べることで値の比較や経年変化を把握しやすいというメリットがあります。
ヒストグラムは、各階級に含まれるデータの個数を棒状に積み上げることで、データの分布を見やすくしたグラフです。棒グラフと非常によく似ていますが、棒グラフはデータの個数(度数)を棒の高さで表現する一方で、ヒストグラムは度数を面積で表現するという点に違いがあります。

上記の特徴を踏まえて、Aさん、Bさん、Cさんが使うべきグラフを考えます。
Aさんはカカオ豆輸入量の「国別割合」の「推移」を調べたいと思っているので、割合の推移が簡単に読み取れる「帯グラフ」を並べて表すのが適しています。円グラフの場合、特定の年の国別割合は把握できますが、割合の推移を把握するのにはあまり向いていません。
Bさんは、ドイツとスイスの1人あたりの年間のチョコ「消費量」の「推移」を調べたいと思っているので、量の推移が簡単に読み取れる「折れ線グラフ」が適しています。円グラフや帯グラフの場合、全体に占める割合はすぐに把握できますが、量そのものの推移を読み取るのにはあまり適していません。
Cさんは47都道府県ごとのチョコ消費量の「最大値や四分位数」を一目でわかるようにしたいと思っているので、これらの値が箱やひげの位置で値をすぐに把握できる「箱ひげ図」で結果を表すのが最適です。ヒストグラムの場合、都道府県ごとのチョコ消費量の分布を把握することはできますが、最大値や四分位数の具体的な値を読み取るのには適していません。

 

 

ページのトップへ

2024年3月1日号

A面「ワークシート」の解答ポイント

【問1】


下線部①「地震直後の混乱のなかでは、中高生も地域の助け合いの輪に進んで加わることが期待される」とあるが、具体的にどのような行動が期待されているのか。本文中にある例をいくつか挙げてみよう。


【解答例】

・避難所の運営を手伝うこと。

・「災害弱者」と呼ばれる人たちを支えること。

・物資の運搬を手伝うこと。

・炊き出しを手伝うこと。

・小さな子どもと遊びながら、見守ること。

【解説】

下線部①にあるとおり、災害時には中高生も地域の一員として地域のほかの人々と助け合うことが期待されます。つまり自分の命や生活を守るだけでなく、地域の人たちみんなの生活を支えたり、困っている人を助けたりするということです。解答には、避難所の運営に関わるなど避難所全体に貢献することや、忙しい保護者から小さな子どもを預かるなど周りの人を手助けするようなことが当てはまります。設問には「いくつか」とあるので、複数の例を本文から抜き出して書きましょう。

 

【問2】

下線部②「『災害弱者』と呼ばれる人たちには、特別な配慮も求められる」とあるが、どのような人にどのような配慮が必要か。避難所の運営者になったつもりで書いてみよう。


【解答例】

・簡易テントの設営が困難な高齢者に、代わりに設営してくれる人を紹介する仕組みを作る。

・日本語に不慣れな外国人のために、避難所の看板などに英語を併記する。

・妊娠している人の名簿を作り、体調が変化した時にすぐに診療が受けられるように医師への連絡手段を確保しておく。

・障害などがあって歩行が困難な人が、炊き出しなどの列に並ばずに配給を受けられる仕組みを作る。

【解説】

まずは「災害弱者」とはどのような人か確認すると、下線部②にあるとおり災害時に特別な配慮が求められる人のことです。具体的には、下線部②の直前に「高齢者」「小さな子ども」「外国人」などが挙げられています。また次の段落には、避難所運営の訓練で「外国人」や「妊婦」の避難者の役があり、この人たちも災害時に特別な配慮を要する人々だと考えられます。もちろん、障害のある人など、本文では触れられていない「災害弱者」と思われる人もいるので、その人たちに着目しても構いません。
次に、このような「災害弱者」と呼ばれる人々が、それぞれどのような困難を抱えているのか、考えてみましょう。例えば「高齢者」なら重い物を扱う作業に不安がある、「外国人」なら日本語の看板が読みにくい、などです。ただし高齢者でも作業が得意な人や、外国人でも日本語が堪能な人などもいるので、「重い物を扱う作業に不安のある高齢者」などのように補足するのもよいでしょう。
最後に、そうした困難を抱える人たちへの配慮の仕方を考えましょう。ポイントは設問の「避難所の運営者になったつもりで」という点です。例えば、あなたの目の前に、重い物を扱う作業に不安のある高齢者がいるとき、その人の代わりに簡易テントを設営してあげることも、大切な配慮です。しかし、同じように作業に不安のある高齢者は避難所にたくさんいると思われます。もしあなたが避難所の運営者という立場であれば、テントを設営できる人をあなた以外にも複数確保して、手伝いが必要な人に斡旋する仕組みを作ることで、より多くの人を助けることもできるのです。このように、避難所の仕組み自体を改善して「災害弱者」と呼ばれる人たちに配慮するような内容を書けるとよいでしょう。

 

【問3】

災害時の避難所で、あなたはどのような行動ができるだろうか。地域の一員として、周りの人を支える視点から具体的に書いてみよう。また、そのような行動をとるためにどのような備えをしておきたいか、書いてみよう。


【解答例1】

けが人を運ぶなど、避難所の運営を手伝いたい。けが人の手当ての仕方を練習したり、避難所を運営する訓練をしてその仕組みを学んだりしておきたい。。

【解答例2】
英語が得意なので、日本語に不慣れな外国人に通訳をしたい。また、必要があれば避難所の運営者に看板などへの英語の併記を提案したい。備えとして、災害時に必要な英語表現を勉強しておきたい。

【解答例3】
小さな子どもと遊ぶことで、保護者から一時的に預かり、保護者が手続きなど様々な用事を進めやすいようにしたい。普段から近所の子どもや保護者と挨拶を交わし信頼を得られるようにしておきたい。

【解説】

自分が避難所でどのような役割を果たせるかを考える問題です。
一つには、問2で見たような、避難所の運営側として活動することが挙げられます。けが人の救護や物資の運搬、炊き出しなど仕事の手伝いが主な例となります。なお、問2では避難所の運営の中核を担うつもりで考えましたが、実際の災害時には大人が中心になります。中高生が運営のあり方に関わる場合は、大人に意見を伝える形になると思われるので、このこともおさえておきましょう。
このような活動をスムーズに行うには、けがの手当てや料理などの実技に加えて、避難所運営の訓練などを通して、避難所の仕組みを理解しておくことなども有益となるでしょう。
また、避難所の運営側としてというよりは、避難者同士としての活動を挙げても構いません。問2の設問には「避難所の運営者になったつもりで」と指定があったため、運営者としての活動について述べる必要がありましたが、問3にはその指定がないためです。例えば目の前の外国人に通訳をしたり、小さな子どものいる保護者から一時的に子どもを預かり見守ったりする活動が考えられます。こちらは避難所の仕事を手伝うことほど多くの人々を助けるわけではないかもしれませんが、多様な事情を抱えた人々が集まってくる避難所では、それぞれの事情に合わせた細やかな助け合いも不可欠です。
臨機応変に活動することになるため、備えの仕方も多岐にわたります。また、こうした活動から避難所の改善点が見えてくれば、避難所運営側へ提案することもありうるでしょう。
ただし、個人の力には限界があることは意識しておきましょう。例えば自分の家の災害用食料を周りの人に配ることなどは、個人が食料を大量に用意することはできないため、一時的な助けとなってしまいます。大がかりな活動は組織的な力をもつ避難所側に任せ、それでは行き届かない細やかな部分をケアすることが、個人同士で助け合う場合に大切な視点だといえます。

 

B面の解答ポイント

【問題1】の問1について

阪神・淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震は1995年1月に発生した「内陸型」の地震で、最大震度7を記録しました。なお、「震災」は地震によって発生した津波や液状化現象、建物の倒壊、ライフラインの寸断といった災害全般を指す言葉であり、「阪神・淡路大震災」は「兵庫県南部地震」によって起きた被害全般を指す言葉です。
多くの人口を抱える阪神地域の直下の断層のずれによる地震であったため、阪神・淡路大震災は6,000人を超える死者、40,000人を超える負傷者を出し、住宅も全壊・半壊を合わせて200,000棟以上の被害が出るなど、甚大な被害をもたらしました。

 

【問題1】の問2について

②-aは太平洋、②-bはユーラシアです。日本は4つのプレートが接する境界に位置し、その4つの内訳は、海側のプレート(海洋プレート)は太平洋プレートとフィリピン海プレートの2つ、陸側のプレート(大陸プレート)は北米プレート(北アメリカプレート)とユーラシアプレートの2つです。日本は複数のプレートの境界付近に位置するため、地震が多く発生します。

 

【問題1】の問3について

③-aは海側、③-bは陸側、③-cは陸側です。海洋プレートと大陸プレートが衝突したときには、重い海洋プレートが軽い大陸プレートの下に沈んでいきます。このとき、海洋プレートは大陸プレートを引っ張るため、年月が経つにつれてひずみが溜まっていきます。ひずみが限界に達すると、大陸プレートが反発して地震を引き起こします。
なお、海洋プレートが大陸プレートの下に沈んでいくことによってできる深い溝のことを海溝といい、上のメカニズムで発生する地震のことを「海溝型地震」といいます。

 

【問題1】の問4について

④-aは「小さいが」、④-bは「浅い」です。内陸型の地震は活断層の動きによるもの、海溝型の地震はプレートの動きによるものであり、一般的に内陸型の地震の方が海溝型の地震より地震の規模(マグニチュードで表される)は小さくなります。しかし、震源に関しては内陸型の地震の方が一般的に浅く、震源が浅いと震源から地上までの距離が近くなるため、震源地付近では揺れ(震度で表される)は大きくなります。
以上のメカニズムを考えると、海溝型地震では被害地域の範囲が広くなること、内陸型地震では被害地域の範囲は狭いものの、震源地付近では極めて大きな揺れが生じ、被災地は被害が大きくなることが分かります。

 

【問題2】の問1について

正解は大西洋です。
NATOは北大西洋条約機構(North Atlantic Treaty Organization)で、アメリカ合衆国とイギリス、フランスなど西ヨーロッパ諸国が、旧ソ連など東ヨーロッパ諸国に対する集団防衛機構として1949年に結成されました。本部はベルギーのブリュッセルです。

 

【問題2】の問2について

正解は東西冷戦(冷戦,冷たい戦争)です。
第2次世界大戦で連合国だったアメリカ合衆国とソビエト連邦(ソ連)は大戦後対立を深め、直接戦火を交えることはなかったことから東西冷戦(冷戦,冷たい戦争)と呼ばれ、西ヨーロッパ諸国の自由主義陣営、ソビエト連邦を中心とする東ヨーロッパ諸国の社会主義陣営に分かれ対立が続きました。1980年代後半から対立が和らぎ、1989年、アメリカ合衆国のブッシュ大統領とソ連のゴルバチョフ書記長によるマルタ会談で冷戦の終結が宣言されました。それと前後して東ヨーロッパ諸国で社会主義政権が崩壊、1991年にソビエト連邦が解体されると、東ヨーロッパ諸国の北大西洋条約機構への加盟が始まりました。

 

【問題2】の問3について

正解は③がスウェーデン、④がフィンランドです。
 スウェーデン、フィンランドはともに北ヨーロッパのスカンディナビア半島に位置する国です。ロシアと国境を接するフィンランドは、第1次世界大戦以前はロシアに支配され、1917年にロシアから独立した歴史があるため、2022年2月、ロシアが隣国ウクライナへの侵攻を始めると、第2次世界大戦後の東西冷戦下から中立だった政策を変更し、NATOへの加盟を申請し、2023年4月、31番目の加盟国となりました。またフィンランドの隣のスウェーデンは第2次世界大戦中から中立でしたが、政策を転換しNATOへの加盟を申請,2024年2月,NATO32番目の加盟国となることが確定しました。

 

【問題2】の問4について

正解はCのトルコです。
トルコは地理的にアジアに位置しますが、ヨーロッパに隣接し1952年、ギリシャとともにNATOに加盟しました。AのイラクとBのイランは西アジアの国でNATOには加盟していません。Dのルーマニアは黒海に面した東ヨーロッパの国で、2004年、NATOに加盟しました。

 

 

ページのトップへ

2024年2月2日号

A面「ワークシート」の解答ポイント

【問1】


資料1を読み、①「アップサイクル」とはどのような考え方のことか、②「アップサイクル」製品に求められていることは何か、それぞれ挙げてみよう。


【解答例】

① 「アップサイクル」とは、役割を終えて使われなくなり、本来であれば捨てられてしまうものを、“新たな価値”を持つ別の製品に生まれ変わらせること。

② 「アップサイクル」製品に求められていることは、高い品質やデザイン性である。

【解説】

 ① 「アップサイクル」という言葉は、1990年代半ば頃のドイツで初めて使われたとされており、日本では2000年代以降、「アップサイクル」に取り組む企業が見られるようになりました。「アップサイクル」が注目されている背景には、SDGs(持続可能な開発目標)の採択や、国による循環経済(サーキュラーエコノミー)への移行の呼び掛けなどがあります。なお、「アップサイクル」という言葉には、よりよいものを生み出すという意味も込められており、SDGsの目標の中では12番の「つくる責任 つかう責任」などに当てはまります。

② 「アップサイクル」製品に高い品質やデザイン性が求められる理由としては、より多くの人に、「これなら購入してもよい」と思われるような付加価値を感じてもらうためです。ほかにも、消費者に感動を与え、共感を呼ぶストーリー性も重要であると言えます。

 

【問2】

資料2を読み、9割の人が新品と同額以上で購入する意思を示した理由は何か、考えてみよう。


【解答例】

環境問題に対する消費者の意識が高まり、「自分も(環境問題の)対策に貢献できている」と感じることができるため。また、製品の品質は落ちていないと判断されたため。

【解説】

環境問題に対する意識の高まりが、「アップサイクル」製品の需要を拡大させていると言うことができるでしょう。そのデータをアンケート調査結果に見ることができます。こうした意識の高まりに加え、高い品質やデザイン性を兼ね備えた製品の画像を見ると、さらに「買いたい」という気持ちを強めることになるでしょう。結果として、新品と同額以上でも購入したいというアンケート調査結果につながっていると考えることができます。

 

【問3】

日本国内でも「アップサイクル」事業に取り組む企業があるが、まだ実験的であり、成功例も少ない。今後の日本国内で「アップサイクル」が浸透し広がっていくために、どのような「アップサイクル」製品を作れば良いだろうか。当事者として、アイデアを出してみよう。


【解答例】

・骨が折れて使えなくなったビニール傘のビニール部分を、防水性の高いバッグや防水カバーに「アップサイクル」する。

・廃材と牛乳瓶を組み合わせて、花瓶やペン立てに「アップサイクル」する。

・捨ててしまいがちな野菜や果物の茎や芯を、チップなどのお菓子に「アップサイクル」する。

など

【解説】

役割を終えて使われなくなり、本来であれば捨てられてしまうはずだったものを、“新たな価値”を持つ別の製品に生まれ変わらせる、それが「アップサイクル」です。【解答例】に挙げたものは、皆さんの日常でよく目にするであろうものを「アップサイクル」製品に生まれ変わらせる例として挙げました。
ほかにも、読売中高生新聞2023年12月8日号に、札幌市内の高校に通うサッカー部の生徒たちの取り組みが掲載されています。これは、古着をボールバッグに「アップサイクル」し、地域の子どもたちにプレゼントする、というものです。この高校生たちは地元の企業にボールバッグ製作の協力を依頼し、クラウドファンディングを実施、さらにサッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌にも協力を呼び掛けました。すると、選手たちがバッグ一つひとつにサインを書いてくれたそうです。
このように、中学生・高校生であっても、「アップサイクル」製品のアイデアを考えて、それを形にすることは決して不可能ではないのです。環境問題への対策を考える上でも、ぜひ「アップサイクル」製品のアイデアを考えてみてはどうでしょうか。

 

B面の解答ポイント

【問題1】の問1について

1950年代後半からの高度経済成長を背景に人々の所得は増加し、それに伴って高額な耐久消費財が次々と普及していきました。中でも白黒テレビ・電気洗濯機・電気冷蔵庫は、日本の皇位継承の象徴とされる3つの宝物にちなんで「三種の神器」と総称されました。その後、1960年代後半には、自動車(Car)・カラーテレビ(Color television)・クーラー(Cooler)が新たな耐久消費財普及の中心となり、それぞれの英語の頭文字をとって「3C」と総称されました。

 

【問題1】の問2について

年功序列とは、勤続年数や年齢が増すに従って役職や賃金が上がる人事制度及び慣習のことです。高度経済成長期にはこの年功序列制度や、正規従業員を原則定年まで雇用する終身雇用制度、そして労使(労働者と使用者)の協調を特徴とする日本独自の経営方式が定着しました。しかし、近年では転職率の増加などによって、その経営方式に変化も生じてきていると言われています。

 

【問題1】の問3について

NISAは「少額投資非課税制度」の通称(Nippon Individual Savings Accountの略)で、イギリスのISA(個人貯蓄口座)を参考に、家計の安定的な資産形成の支援や成長資金の供給を目的として2014年1月に導入されました。株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらから得た利益に対して通常は一定の税金がかかります。しかし、NISA専用の口座で投資した金融商品から得られる利益は、年間の投資上限額はあるものの非課税となることから、年々利用者数が増加しています。
政府は家計の安定的な資産形成をさらに推進するため、NISA制度の抜本的な拡充や恒久化をはかり、2024年1月には旧NISA制度よりも大幅に拡充された新しいNISA制度(新NISA)が開始されました。

 

【問題1】の問4について

日本の名目GDP(国内総生産)はアメリカに次ぐ世界2位を長らく維持してきましたが、2010年に中国に追い抜かれて3位になりました。そして、2023年10月に国際通貨基金(IMF)が発表した見通しによると、2023年にはドイツが3位となり、日本は4位に下がると考えられています。なお、5位はインド、6位はイギリスとなっています。
ドイツに追い抜かれる見込みとなったのは、円安の影響やドイツの高い物価上昇が主な要因とされていますが、日本経済の長期的な低迷の表れとの指摘もあります。

 

【問題2】の問1について

JAXA(ジャクサ)は宇宙航空研究開発機構の英語名称であるJapan Aerospace Exploration Agencyの略称です。2003年に宇宙科学研究所(ISAS)・航空宇宙技術研究所(NAL)・宇宙開発事業団(NASDA)の3機関が統合して発足しました。「宇宙と空を活かし、安全で豊かな社会を実現する」との経営理念を掲げ、日本の宇宙開発利用を技術で支える中核的実施機関と位置付けられています。

 

【問題2】の問2について

リュウグウ(Ryugu)は1999年に発見された小惑星で、2015年に名称を公募してその名が選定されました。選定理由としては、浦島太郎が竜宮城から玉手箱を持ち帰ることと探査機「はやぶさ2」が小惑星のサンプルが入ったカプセルを持ち帰ることが重なったため、などとされています。2022年には「はやぶさ2」がリュウグウから持ち帰った砂や石から23種類のアミノ酸が見つかり、そのうち生物のたんぱく質をつくるアミノ酸が10種類近くも含まれていることがわかりました。
ちなみに、探査機「はやぶさ」(初代)は2005年に小惑星イトカワの探査を行い、2010年に地球に帰還しました。様々なトラブルに見舞われながらも帰還を果たしたことは人々の感動を呼び、「はやぶさ」を題材とした映画などの作品も作られました。

 

【問題2】の問3について

種子島は鹿児島県に属する島です。1543年(1542年説もあり)に中国船がこの種子島に漂着し、乗船していたポルトガル人が鉄砲(火縄銃)を伝えると、その後戦国大名の間に急速に普及して戦術のあり方や城の構造に変化をもたらしました。
現在、種子島には総面積約970万㎡にも及ぶ日本最大のロケット発射場である種子島宇宙センターがあります。2014年には「はやぶさ2」、そして2023年には月面探査機「SLIM」が、この種子島宇宙センターから打ち上げられました。

 

【問題2】の問4について

アメリカの民間会社「スペースX」の創業者で、SNS大手「ツイッター」を買収した実業家はイーロン・マスク氏です。「スペースX」は、2002年に創業されたアメリカの宇宙開発会社です。2020年にこの「スペースX」の開発した有人宇宙船の打ち上げが成功したことは、当時世界で大きな話題となりました。またイーロン・マスク氏については、2022年10月に「ツイッター」を買収したことでも有名です。「ツイッター」はその後、2023年にサービス名が「X」に変更されました。
ちなみに、ジェフ・ベゾス氏はアマゾン・ドット・コムの創業者、ビル・ゲイツ氏はマイクロソフトの創業者、マーク・ザッカーバーグ氏はメタ(旧・フェイスブック)の創業者です。

 

 

ページのトップへ

2024年1月5日号

A面「ワークシート」の解答ポイント

【問1】


日本の家庭において「和食離れ」が進んでいる原因としてどのようなことが挙げられるか。資料から読み取り、説明してみよう。


【解答例】

・日本でも欧米流の食生活が普及したから。

・和食は手間がかかるから。

・年中行事などで伝統的な和食を家族や親戚と食べる機会が減っているから。

【解説】

「日本人の和食離れ」については【資料1】で触れられているので、それをもとに考えてみるといいでしょう。
例えば、現在、日本の食生活は欧米流が主になり、米や魚よりも肉やパンを好むようになったということが挙げられるでしょう。外にも、忙しい毎日のなかで、手間のかかる和食を用意することが敬遠されていることや、おせち料理や地域の伝統料理など、和食と深く結びついている年中行事もなかなか行われなくなり、家族や親戚が集まって食卓を囲む機会が減っていることも原因の一つとして挙げられます。

 

【問2】

日本のだしを世界に広めようと考えたときに問題となりうることにはどのようなことがあるか。資料から読み取り、説明してみよう。


【解答例】

・出汁の取り方に関する考え方が違うため、ただそのまま紹介するだけでは、味を再現できないということ。

・世界の多くの地域で利用されている「硬水」では、ミネラル等の成分が邪魔をしてうまく出汁がとれないため、「軟水」を用いなければならないこと。

【解説】

海外の多くの国々と日本で出汁の取り方に違いがあるということは【資料2】で触れられています。フランス料理の「ブイヨン」や中華料理の「湯」は長時間煮込むのに対し、日本の出汁は昆布やかつお節、煮干しなどを短時間煮て作られます。
また、それらの違いの主な理由として、調理に使う水の違いが説明されています。ミネラル分を多く含む「硬水」が主流の諸外国に対し、ミネラル分の少ない「軟水」を主に利用している日本では、昆布などのうま味成分が抽出しやすく、出汁の文化が根付いたのだと考えられます。
つまり、日本の出汁を世界に広めようとする場合、このような調理の方法や水の違いについて理解したうえで説明をしていかなくてはならないということになるでしょう。単に日本の方式を伝えるだけでは、出汁の良さを十分に伝えることはできないと考えられます。

 

【問3】

あなたが世界に向けて紹介したいと思う日本の文化を一つ挙げ、紹介する際に注意すべきことを考えてみよう。


【解答例】

・私が世界に向けて発信したいと考える日本の文化は、寺社仏閣などの伝統的な建物だ。これらは長い歴史を持ち海外からの人気も高いが、禁止されているところで動画を撮影するなど外国人観光客のマナーの悪さが問題になっている。そのため、複数の言語に対応した注意書きを用意するなどの対応が必要になるだろう。

・私が世界に向けて発信したいと考える日本の文化は、アニメやゲーム、漫画といったサブカルチャーである。すでに日本の漫画が海外で流行した事例もあるが、国によってはピースサインが侮辱の意味を表すなど、日常の習慣や物の捉え方の違いから、日本では当たり前に受け入れられているものが海外では問題になることもある。そのため紹介するものを厳選したり、解説をつけたりする必要もあるのではないかと考える。

・私が世界に向けて発信したいと考える日本の文化は茶道である。おもてなしの精神や、わびさびといった日本独自の考え方を海外に広めるいい機会になると考えるが、細かい作法は日本人でも知らない人が多く、海外の人にも理解しやすいように説明の方法を模索する必要があると思われる。また、正座をする習慣がなく、長時間続けることが難しい人のためにルールを緩和できないか検討していくことも有効だと考える。

【解説】

紹介してみたい日本の文化と、それを紹介する際の注意点について述べる問題です。みなさんは「日本の文化」と聞いてどのようなものを思い浮かべたでしょうか。今回は解答例で挙げた三つを軸に考えてみましょう。
まずは、和食と同様に伝統的な日本文化が考えられるでしょう。解答例で挙げた寺社仏閣などの建物はその代表的なものだといえます。実際、海外からの観光客は行きたい場所として京都を挙げることが多いといわれています。しかし、これらの建物は築1000年以上のものも多く、扱いには十分な配慮が必要です。このような伝統的な日本文化としては、他に着物などが考えられます。
そして、日本の文化といえるものは、何も古いものばかりではありません。アニメやゲーム、漫画といったサブカルチャーも世界に向けて発信しうる日本の文化といえるでしょう。しかし、作者は基本的に日本で暮らしている人なので、日本の生活習慣や考え方に基づいてこれらを作成していることになります。そのため、海外の人が読んだときに意図がうまく伝わりにくい場合もあるでしょう。このような問題を避けるためには、海外向けに翻訳する際の表現について吟味したり、ときには解説を添えたりして、理解しやすいように配慮する必要があると考えられます。
もう少し細かいくくりで考えてみるのもいいでしょう。今回はその例として「茶道」を挙げました。茶道もまた、古くから続く伝統的なものであり、客人をもてなす心やわびさびといった独自の考え方をもつものです。しかし、実際に海外に広めることを考えると、作法の難しさ等が問題になってくるでしょう。異なる言語を母語とする人たちにどのように伝えればよいのか模索していく必要があります。また文化の違いでいえば、基本的に椅子に座る生活をしている人が長時間正座をすることは難しいのではないかということ等が挙げられます。
以上のように、海外に向けて日本の文化を紹介するときには、環境や言語、考え方が異なることを理解したうえで対策を考える必要があるでしょう。また、【問3】では最初に自分で考えた「紹介したい日本の文化」を挙げる必要があったので、ここで悩んでしまった、答えが考えられなかったという人もいるかと思います。小論文では、ときに日ごろから様々な情報に対してアンテナを張り巡らせることができているかということが問われる場合があります。その際は、新聞を読んだり、気になったことは調べたりといった日々の積み重ねが皆さんの力になります。日ごろから意識してみるとよいでしょう。

 

B面の解答ポイント

【問題1】の問1について

邪馬台国は、 30ほどの小国を統一した連合国家で、身分秩序や租税、刑罰の制度も整っており、その国の女王として巫女である卑弥呼が治めていたとされています。「魏志倭人伝」の記録には、長い間国内で戦乱が続いていたので、諸国が共同して卑弥呼を王として立てたところ、ようやく収まったとあります。そして、卑弥呼は239年に中国(魏)の皇帝に使いを送り、「親魏倭王」の称号と金印などを授かり、その権威を背景に支配力を強めました。3世紀半ばの卑弥呼の死後、男の王が跡目を継いだものの倭国が治まることはなく、壱与という卑弥呼の一族の女子を王とすることによって再び国が治まったと「魏志倭人伝」には記載されています。なお、邪馬台国の場所についてはいまだ不明で、九州北部にあったとする九州説と近畿地方の大和(奈良県)にあったとする畿内説とで古くから議論されています。

 

【問題1】の問2について

日本では701年の大宝律令の完成によって天皇を頂点とする中央集権国家が整い、「日本」という国号もこの頃に正式に用いられるようになりますが、その際に日本が模範としたのが中国王朝の唐です。618年に隋を滅ぼし中国を統一した唐は、律令(律は刑罰に関する法、令は役所の組織・職務や税制など政治に関する法)を定めて人民の名前や性別などを戸籍に登録し、それに基づいて人民に田を与え、税や兵役の負担を課すという中央集権国家を形成しました。また、都の長安は人口約100万人の世界的な都市で、国際的な文化が発展し、日本もその政治制度や文化を取り入れようと遣唐使が8世紀にはおよそ20年に1度の割合で派遣され、日本に多大な影響を与えました。

 

【問題1】の問3について

消費税は1989年に大型間接税として導入され、その当時は一律3%でした。その後、1997年に5%、2014年に8%、そして2019年に10%(一部8%)と徐々にその税率は高くなってきています。消費税が導入されたのは、本格的に到来する少子高齢化社会において、働いている世代だけでなく全ての人々で社会を支えることができる税の体系を構築し、社会保障などの公的なサービスの費用をまかなうための安定的な歳入を確保することなどを目的としたことにありました。ただし、消費税の是非については現在も議論されています。例えば、消費税は個人の所得に関わりなく同じ割合で税金を負担しなければならず、所得の少ない人ほど税負担の割合が高くなるという特徴があるため(このことを逆進性といいます)、不公平であるといった意見などもあります。

 

【問題1】の問4について

軽減税率は、2019年の消費税10%の引き上げと同時に導入されました。高所得者よりも低所得者層が重い税負担を強いられるという逆進性の対策として、飲食料品や新聞に対して税率を8%のまま据え置くという制度となっています。軽減税率制度は低所得者への対策とされていますが、対象品目の基準が明確であるのかというのはいまだに議論の対象となっています。例えば、甘酒、アルコール分1%未満のみりん風調味料やノンアルコールビールは飲食料品として軽減税率の対象となっているのに対し、通常のみりんや調理酒などは飲食料品とはみなされていないため、その対象ではありません。また、週2回以上発行される、定期購読されている新聞はその対象となっているのに対し、コンビニなどで販売されている新聞はその対象ではなく、そもそもなぜ新聞だけが対象なのかという疑問も出されています。軽減税率の境界線はかなり曖昧で、この制度が続く限り今後も議論の対象となっていくでしょう。

 

【問題2】の問1について

『罪と罰』は、自身の思想に基づいて老婆を殺害した青年ラスコーリニコフが、犯した罪に苦悩する姿を描いた小説です。この小説を書いたドストエフスキーは、19世紀のロシアを代表する作家として知られ、その他の代表作に『カラマーゾフの兄弟』があります。
1866年に出版された『罪と罰』は、これまでに何度も映画化や舞台化、漫画化などがなされており、手塚治虫も1953年に『罪と罰』を漫画化しています。なお、手塚治虫はそれ以外にも、ゲーテの戯曲『ファウスト』や、シェイクスピアの戯曲『ヴェニスの商人』なども漫画化しています。

 

【問題2】の問2について

AIは、「人工知能」を意味する英単語「Artificial Intelligence」の頭文字を取った略語で、人工知能を意味する言葉として広く使われています。
人工知能(AI)とは、事前にインプットされたデータや、センサーなどを通して得られたデータをもとに、コンピュータが自ら推論し、問題解決や意思決定を行うことをいいます。これは、私たちが今までに覚えてきたことや、日頃見聞きしたことを基に、特定の問題に対して自分の頭で考え、答えを導き出すことと似ています。
今回の『ブラック・ジャック』最新話制作プロジェクトでも、人間が提示したいくつかの単語や質問を基に、AIがストーリーのプロットやキャラクターデザインを提案するという形で、AIが大きな役割を果たしました。

 

【問題2】の問3について

設問にある通り、「拡張子」とは、保存されているファイルがどういう種類のデータなのかを示すために付けられる文字列のことです。たとえば「example.txt」と書かれているファイルの場合、末尾の「.txt」が拡張子です。
一つの種類のデータでも、拡張子はいくつかの種類があり、それぞれ圧縮率の良さや、元のデータに復元できる度合いといった点に違いがあります。

ア  「.txt」はテキストデータによく使われる拡張子です。

イ  「.mpeg」は動画データに使われる拡張子で、一般に画像データには使われません。画像データとして使われる拡張子には「.jpeg(.jpg)」「.bmp」「.png」などがあります。

ウ  「.mp3」は音声データによく使われる拡張子です。音声データとして使われる拡張子にはほかにも「.aac」「.flac」などがあります。

エ  「.avi」は動画データによく使われる拡張子です。動画データとしては、ほかにも「.mp4」や、選択肢イでも登場した「.mpeg」などがよく使われています。

 

【問題2】の問4について

AIに画像を学習させることにより、その画像の作風などを踏まえた新しいイラストを生み出すことができます。今回の『ブラック・ジャック』最新話制作プロジェクトでもその技術は利用され、故人の作風を蘇らせて新たな作品を生み出しました。
これと同様にして、人物の画像や声、動きなどをAIに学習させ、これを既存の動画と合成させることによって新たな映像を生み出す技術も開発されてきました。このようにして生成された画像や映像は「ディープフェイク(deep fake)」と呼ばれ、本来は映画などのエンタメの場を想定して開発・利用がされてきました。
しかし中には、生成された画像・映像があまりにも精巧であるため、実在の人物や出来事であると誤解してしまうようなものを生成し、悪用する事例も出てくるようになりました。ディープフェイクによって引き起こされた問題として、実際には発言していない内容を政治家がさも発言しているかのような動画が出回った、検索サイトでヒットした生き物の画像のほとんどがAIによって作られた偽の画像であったなどの事例があります。
AIに限らずあらゆる技術について言えることですが、技術がもたらす影響には良い点と同時に悪い点もあります。そして悪い点というのは、必ずしも意図的な悪用によってのみ生じるものではなく、技術を万全万能なものと過信し、漫然と使ってしまうことによっても生じることがあります。新しい科学技術に対して、私たちは、その技術のメリット・デメリット双方を理解し、その技術を利活用することが求められることになります。

 

 

ページのトップへ

ページトップボタン