竹内 充

  • 数学

【講師からのメッセージ】

満点の取り方を教える。
「答えがあっていれば正解。」というのは大きな間違い。答えだけあっていても数学は満点をとることができません。問題から答えにたどり着く道筋をしっかり理解し説明できなくてはいけないのです。そもそも大学入試は、教科書に載っている定義・定理・公式をしっかり身に付けているかどうかを試すものです。それが完璧に身についていれば、満点がとれるはずですよね。問題演習では、高校数学の定義・定理・公式を徹底的にくり返していきましょう。満点を目指すのであれば、板書の解答についても、細かいところまで完璧なものを書いていきます。用意しているのは、最も厳しい採点基準で採点されても減点されることがない解答。どうせなら、完璧を目指そう。数学試験で、満点を。


【講師ストーリー】

書店で売られている参考書には、間違ったことが書いてあると感じていました。間違いとは、もちろん合格につながらないということ。正しい数学の勉強を教えたいという気持ちがふつふつと湧いてきて、いてもたってもいられなかったのです。

講師紹介動画

講義をしている校舎