榎戸 智司 (現・小論)

  • 国語

【講師からのメッセージ】

対比構造を見つけろ。
現代文が苦手な生徒には、ひとつの傾向があります。難解な単語や言い回しなどの小さな部分に引っかかって、大きなポイントとなる文章全体の軸を見落としてしまっているのです。どんな受験生であっても、文章全体のうち何箇所かは理解できなくてあたり前。そこは勇気を持ってカットして構いません。大切なのは、文章の構造を把握することです。私はよく、対比を見つけろと生徒に言います。文章には必ず、Aということが言われていたら、それと対比されるBが出てきます。その構造の部分さえわかれば、問題を解くうえで本当に大事なポイントが見えてくるのです。構造を理解しながら解く練習をくり返せば、きっと現代文が得意な科目の1つに変わるでしょう。すると基礎が大事であることに気づけるようになります。基礎のないところに応用力はありません。基礎力は最重要です!!


【講師ストーリー】

代ゼミの講師になる前は、長年札幌の進学校で教師を務めていました。内容が理解できた瞬間の生徒たちの目の輝きが、私の何よりの原動力でしたね。そのやりがいをもっと感じたいと思い、受験勉強に特化した予備校教師になることを決めました。

講師紹介動画

講義をしている校舎