湯木 知史 (現・小論)

  • 国語

【講師からのメッセージ】

本物の国語力で、難関大を突破せよ。
接続詞だけ見ていれば解答できる、本文を読む前に選択肢を見る、棒線部の前後にヒントが必ずある等々。たくさんの怪しげなテクニックが横行するのが現代文。これらは、基本的な文章の読み書きができない生徒に対し、なんとなくできるようになったと思わせるマヤカシにすぎません。はっきりと言います。私が担当する難関大学の現代文は、これまでの読み書き経験という土台がなければ、1年程度でできるようになりません。大学入試の設問は、結局は文章をきちんと読めているかを確認しようとしているだけ。そこで授業でも、ハイレベルな文章をていねいに読み解くことにこだわり続けます。本物の国語力をつけることで、難関大への合格を叶えましょう。


【講師ストーリー】

前職は法律系専門学校の講師でしたが、これは国家試験への対策しか教えられませんでした。もちろん、代ゼミでも志望校合格が最大のミッションですが、それだけでなく現代文や小論文の講義を通して大学入学以降に求められる本物の国語力を鍛えることができると感じています。

講師紹介動画

講義をしている校舎