井上 烈巳(日本史)

  • 地歴・公民

【講師からのメッセージ】

ぜんぶ、“私たちの今”につながっている。
日本史で学ぶ内容は、自分たちの住む国に直結している身近な事柄です。それなのに遠い世界のことのように、ただ単語の字面や音だけを追ってしまうのはもったいないね。しっかりと言葉の意味や歴史的背景をひも解いていけば、決して難しいことはありませんよ。知らない単語が出たとしても、日本語である以上、推測して解答できる可能性もあります。
例えば「GHQ の指令で制定された、巨大独占企業を解体させるための法律を選べ」という問題があったら、答えは「過度経済力集中排除法」なのですが、その単語を知らなくても「巨大企業に集中し過ぎた競争力を排除する法律」と推測して正解を選べるのではないでしょうか。
言葉の意味や歴史的背景までしっかり教え、どんな問題にも対応できる力を育てます。


【講師ストーリー】

代ゼミに入るまで、ろくに勉強をしたことがありませんでした。
ところが代ゼミに入ってからは、講師が真剣に教えてくれて、こちらも必死に講義を受けたので、勉強って楽しいんだと気付いたのです!その感動を、講師としてみなさんに伝えたいと思います。

講師紹介動画

講義をしている校舎