執行 康弘(公民)

  • 地歴・公民

【講師からのメッセージ】

今の世の中に興味を持とう。
世の中への関心の高さが得点につながる。それが公民です。公民科目が苦手な人も多いと思いますが、単に暗記ではなく、覚えた語句が実際の世の中のできごととリンクしていることがわかれば、自然と知識として定着すると思います。
そのため授業は世の中のできごとを交え、豊富な知識を身につけてもらおうと思います。難 しい語句や言葉も多いかも知れませんが、授業を終えた時には自然と理解できるようになっていると思います。
ダラダラした態度やしっかりと聞いていないと厳しいことも言うとは思いますが、授業は合格するための真剣勝負。気持ちのメリハリはつけて下さい。
公民科目は「今を知る」教科であり、それは今後の生活を必ず豊かにします。第一志望合格はもちろんですが、多くの知識を蓄え、新たな知識を自ら開拓し、将来の人生に多いに役立ててくればと思います。


【講師ストーリー】

塾講師のアルバイトをやった時に、凄い先生に出会い、教育学に興味を持つ。その後、自分たちで事業をやることで、さらに教育の重要性を認識。30歳を過ぎて代ゼミの講師となったが、失敗や成功から学んだ豊富な経験は、授業の中で常に活かされている。

講義をしている校舎