杉山 洋一

  • 外国語

【講師からのメッセージ】

一歩一歩できることを増やしていく。
大学入試の英語で合格点をとるためには、基礎を大切にし、一歩一歩できることを増やしていくことが大切です。例えば、長文が苦手な生徒さんは、ただやみくもに長文を読んでも成績向上は望めません。限られた期間で成績を伸ばすためには、まずは、語彙の暗記、次に文法のルールに基づいて1文を素早く正確に読めるといった具合に、基礎からできることを増やしていくことが大事です。
授業では、皆さんのレベルを把握した上で、今、何をすべきかを明確にし、合格までの道筋を示していきます。そして、知識はできるだけ覚えやすく整理し、正解に至るプロセスは、本番で再現できるように分かりやすくお伝えします。
授業を通して、一歩一歩、わかること、解ける問題が増えて、英語が得意になっていきます。
1年間勉強を続けることは大変ですが、志望校合格に向けて努力した経験は一生の財産になります。一緒に頑張りましょう!


【講師ストーリー】

中学生の時から、友達に勉強を教えることが好きで、昼休みに数学を教えたりしていました(笑)。
高校生の時に、予備校講師という職があることを知り、漠然と憧れをもつようになりました。大学1回生の時から塾で高校生に英語を教えはじめ、楽しさとやりがいを感じました。他の仕事に就くことも少し考えましたが、やはり自分の好きなことを仕事にしたいと思い、大学卒業後から予備校講師に。今、代々木ゼミナールの教壇に立てることを誇りに思っています。


【受講者の声】
●文法の意味を参考書以上に詳しく解説していただいて、とても分かりやすいです。
●板書がまとまっていて分かりやすいです。
●不思議な絵にふと笑わされます。分かりやすい授業です。

講義をしている校舎