早稲田大学


1.常に最大規模の志願者を集める早稲田入試

図表1 志願者数推移(1989~2018年)
志願者数 [クリックして拡大]
図表2 学部別志願者数推移(1989~2018年)
志願者数 [クリックして拡大]
 一般入試における早稲田大の志願者数のピークは、18歳人口が増加期にあった1989年で、16万を超える志願者を集めました。その当時、最も多くの志願者を集めていた日大を抜き、一般入試の志願者数全国第一位の大学になりました。しかしながら受験人口減少期に入り徐々に志願者が減り、1998年には10万2,649人にまで減少しました。その後センター利用入試を導入し、また2007年には第一文学部・第二文学部を文学部・文化構想学部に、理工学部を基幹理工学部・創造理工学部・先進理工学部に改組するなどの入試・組織改革を行うことで志願者数10万人の大台を維持していて、早稲田大は常に全国最大規模の志願者を集め、一般入試・センター利用入試を実施してきています(図表1参照)。
 近年の入試では、2007年をピークに再度志願者数が減り始め、2015年には志願者数が10万人ぎりぎりの水準まで落ち込みました。これは比較的併願校数が少ない現役生中心の入試になってきたことや地方受験生の減少、浪人回避のための安全志向などが原因であったと考えられます。特に地方からの受験生の減少は著しく、このことが志願者減少の大きな要因となってきました。しかしながら、難関国立大で後期入試を実施する大学が減少し続けていることや学内併願校数の多い文系受験者が増加傾向にあること、さらには志願者数の減少が著しかった地方からの志願者が底を打って小幅ながらも増加に転じたことなどから大学全体の志願者数は2015年入試を底に反転し、2018年入試においては、大学全体では前年比1.9%と小幅な増加となっており、3年連続の志願者増加となりました。ただし、2018年入試の総志願者数は117,209名で前年比2,226名の増加であるのに対して、実志願者数は54,056名で前年比637名の減少となっています。ですから2018年入試における志願者の増加は、あくまでも志願者一人当たりの併願学部・学科数の増加によるものということになります。
 2018年入試の学部単位の志願者動向では、学部ごとに明暗が分かれています(図表2参照)。法学部、文化構想学部、文学部、教育学部、社会科学部、人間科学部は大幅に志願者を増やしました。特に文化構想学部・文学部は前年度が低倍率でかつ合格最低点が低かった英語4技能テスト利用型入試で大幅に志願者を増やしていて、2学部の志願者数の合計は学部再編以来の最高水準の数となっています。また、法学部は近年の志願者数が早稲田大法学部としては歴史的に稀な水準にまで落ち込んでいましたが、一般入試の選択科目として数学(センター試験)を追加したことから久々に志願者数が増加しました。数学を選択科目として追加したことで理系学部との併願者が増加することが予想されましたが、2018年入試においては理系よりも商学部や社会科学部との併願者の増加が目立ちました。
 一方で、政治経済学部・理工3学部・国際教養学部が志願者数を減らしています。特に、政治経済学部は早稲田大政治経済学部としては歴史的にも稀な水準にまで落ち込んでいます。また、国際教養学部は一般入試では英語外部資格が実質的に必須化され出願できる受験生が限定されて志願者を減らし、またセンター利用入試では2017年入試において合格者数が半数以下になって難化したことから2018年入試では志願者数が半減しました。
このページのトップへ
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。