早稲田大学


5.関東圏以外出身の合格者数が増加に転じる

【図表⑨】志願者の地区別出身者数の推移
(関東地区VS地方)

志願者の地区別出身者数の推移 [クリックして拡大]
【図表⑩】合格者の地区別出身者数の推移
(関東地区VS地方)

合格者の地区別出身者数の推移(関東地区VS地方) [クリックして拡大]
   関東圏出身の志願者数は、2014年から4年連続で増加し2018年度入試では大学公表値が一般入試とセンター試験利用入試を合わせた集計になってからの最高数を集めました。その一方で、関東圏以外出身の志願者数は2015年を底に3年連続で増加したものの増加幅は小幅にとどまりその数に大きな変化は見られませんでした。2020年入試では、志願者数の7割以上を占める首都圏の中でも特に東京都と神奈川県からの志願者数が大きく減少したために関東圏全体の志願者数もまた大幅に減少しました。それに対して、関東圏以外出身の志願者数は増加する地区はなかったもののどの地区も小幅な減少にとどまり、志願者数全体に占める関東圏以外出身の志願者数の割合は横ばいの状態になりました【図表】参照
   関東圏出身の合格者数は2019年度入試において小幅ながらも増加に転じ、2020年度入試もそこから横ばいの状態となっています。これは東京都と神奈川県出身の合格者が減少した一方で、他の北関東や埼玉県・千葉県出身の合格者が増えたことが要因です。また、2020年度入試の関東圏以外出身の合格者数は大学公表値が一般入試とセンター試験利用入試を合わせた集計になってから初めて増加に転じました。地区別では、中部・中国以外の地区すべてで合格者数が増加しています。特に、近畿地区出身の合格者数は50名以上も増加しています【図表】参照
このページのトップへ
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。