合格体験記

北海道大学 医学部 医学科(一般)

T. Uさん

根本に迫った英語の授業

私は高校1年生から特訓合宿に、直前期は毎週のように英語を受講しました。最初は、英単語を覚えることさえ苦手でしたが、そんな私に先生は、答えのみを教えるのではなく、ヒントをもとになぜ間違ったのか詳しく教えてくださいました。また個別の授業であったからこそ、自分のできないこと、苦手なところを一つずつ潰していくことができました。

さらに直前期には、「大学がどのように考えさせて答えを出すことを求めているのかを考えるように」と、今まで考えたことも無かったアドバイスをいただきました。どういう目的でどのように勉強していくべきか、勉強=考えることができるようになりました。 英語について深い知識を得ることができて本当に良かったです。

信州大学 医学部 医学科(一般)

T. Sさん

予備校生活で学んだこと

僕はもともと机に向かって勉強することが苦手でしたが、個別の先生方は、どのように勉強に取り組めば良いかを指示してくれ、最初は少なかった勉強時間を次第に増やすことができました。また、復習が甘く過去問が解けなかったのですが、先生に言われた通りに復習をするようになってからは、過去問はもちろん模試でも良い点数を取れるようになっていきました。さらにはスタッフの方々のサポートも手厚く、とくに共通テスト後にはどの大学を受験すれば良いか、様々なデータをまとめ上げ相談にのってくれました。

後輩の皆さん、受験勉強をするうえでうまくいかないことが多々あると思います。しかし合格を勝ち取るために諦めずに勉強を続けてください。

東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健衛生学科(一般)

K. Aさん

励みとアドバイスを力に

私は共通テストの結果が良くなかったため、二次の個別試験には死ぬ気で勉強しました。まさか合格できると思っておらず、合格したという実感が湧いてくるまで時間がかかりました。

私はどこの予備校の受験科にも所属せず、個別指導のみで浪人生活を送ることに決めました。そのため、自分で毎日の時間管理をし、スケジュールを立て勉強に取り組む必要がありました。先の見えない日々で不安になることもありましたが、そんな時、講師の方が話を聞いてくれたり、アドバイスをしてくれたりしていつも安心感を与えてもらっていました。また講師の先生方だけでなく代ゼミの事務の方も、いつも親身になって話を聞いてくださいました。受験生のみなさん、先生からのアドバイスを自分なりにうまく活用し、自分の力に変えて受験に臨んで欲しいと思います。

日本医科大学 医学部 医学科(一般)

A. Sさん

受験数学にセンスや才能はいらない

僕は現役生の時から数学が苦手で、特に図形問題は、中学受験の頃から苦手意識がありました。その根本的な理由は、僕に図形の数学的センスがないことだとずっと考えていて、半ば図形問題を攻略することをあきらめていました。しかし、担当の先生から「受験数学にセンスや才能はいらない。」という話を聞き、さらには図形問題を特訓してもらうことになって、これまで苦手だった図形問題が面白いほどよく解けるようになりました。

昨年は医学部に1校も合格できなかった僕が、今年度は多くの医学部から合格を頂けたのは、担当の先生をはじめとした代々木ゼミナールの教職員の先生方のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

獨協医科大学 医学部 医学科(指定校推薦)

M.Tさん

先生、ありがとうございました

私の場合、試験までの約1か月で小論文・面接を完成させなくてはいけませんでした。先生は何もできなかった私に、90分×5コマという少ない時間の中で、合格できるだけの力をつけるにはどうすればよいかを考え、沢山の予想問題を作ってくださいました。最初の出来は最悪でしたが、課題文を効率よく読む方法や、小論文を書くコツを教わり、本番では納得のいく小論文を書くことができました。授業はずっと緊張したものでなく、雑談やためになる話もあり、いつもリラックスして臨めました。

面接に関しては、予想される質問と返答を考えていただき、本番ではそこからヒントを得てしっかりした受け答えができました。

短い時間でしたが本当にありがとうございました。

九州大学 法学部(帰国生)

T. Sさん

個別指導のおかげで志望校に合格できました。

私が個別指導を受けた科目は、小論文、国語、英語です。個別指導では、自分が解いてきた過去問を講師の方々に添削してもらい、間違えている個所や分からなかった部分を時間をかけて重点的に解説をしてもらうことで、量だけでなく深く学習することができました。添削の際に、問題を解くときに意識すべきことなどアドバイスを受け、その通りに解答を作ることを続けると、良い答案作成のしかたが身につきました。また、自分が特に解説を必要としているところや、特に不足しているスキルなどを的確に指摘してもらえるのは個別指導ならではです。さらに小論文の添削の際には、問題文に関連する社会現象や社会情勢なども含めて解説してもらい、より理解が深まりました。素晴らしい授業のおかげで私は志望校に合格することができました。

早稲田大学 政治経済学部 経済学科(一般)

Y. Kさん

三年間に及ぶ「親身の指導」で勝ち取った合格

私は高校1年生から3年生の直前期まで、英語と数学を学生教師に教わっていました。

代ゼミの個別指導は、志望校や細かなニーズに合わせて参考書の紹介や指定、記述問題の添削、小テストの作成など多彩で効果的な授業でした。英語では英作文の対策に力を入れ、どうすれば論理的で説得力のある文章が書けるかを何回にも及ぶ添削指導のなかで実力がつきました。数学も所々質問に回答させるなど、実践的な指導力がつく指導でした。私の高校は通信制であったため受験期は孤独な戦いになりましたが、講師の方々には受験に関する様々な相談にものっていただき、強い心の支えとなりました。私は3年間で本当に大きく成長することができました。ここまでできたのは、講師の方々が親身に支えてくれたおかげです。

慶應義塾大学 法学部 政治学科(FIT入試)

S.Nさん

私が代ゼミに入って感じたメリット

私は一般選抜で受験することも考えていたため、2校のみ総合型選抜で受験しました。ただ勉強の両立は考えていたよりも大変で、入試直前期は何度も下のレベルの大学も受験しようかと妥協しそうになりました。しかし先生の指導を受けるうちに次第に自信がついてきて、対策に集中することができました。同じ大学を受験する仲間が周囲におらず、常に不安でいっぱいでしたが、代ゼミのサポートはとても大きな精神的支えになりました。

大学の学部の特色を研究しそれに合わせることや、膨大な提出書類をどのようにしてまとめ上げて作成すればよいのか、何度も考え迷いましたが、先生に相談し、短期間で効率よくまとめ上げていく道筋をしっかり立てていただけたことで合格できたのだと思います。

慶應義塾大学 文学部 人文社会学科(自己推薦)

S.Hさん

努力の継続

最初は先生に答案を見てもらっても、書かれている内容が聞かれていることと違うと、添削以前ということで何も書かれずに返ってくることが何度もあった。それが辛くて挫折しそうになったが、先生の励ましで何とかこらえることができた。

転機は、過去問から先生の作った予想問題に課題が変わってからだった。何度も何度もこの予想問題を解いて努力を続けた結果、正解に近づけられるようになっていった。しっかり添削をしてもらえるようになり、それだけでうれしかった。

その後、過去問に戻ると合格点を取る回数が増えるようになっていった。こうして努力した成果が実を結び、合格という果実となった。振り返ると、先生の指導があったからこそ努力を続けられたと思う。

上智大学 総合人間科学部 社会福祉学科(帰国生)

M. Kさん

個別指導でできること、得られるもの

小論文の指導では、集団授業よりも具体的なアドバイスだけでなく、専門用語やその分野での問題なども教えていただきました。英語では、先生に勧められた「時間制限内で解答する方法」と「時間無制限で辞書を使って回答する方法」で過去問を勉強するようになり、長文にも慣れ、理解力と単語力が強まっていくことを実感できました。私は集団授業では先生との距離を感じてしまうことや、理解が追い付いているか不安になることがしばしばありました。しかし個別指導では私が理解できるペースで授業を進めていただき、自身の足りない部分を見つけてもらい補填することや、強みをどう活かすかなど教えてもらうなど、1対1で先生と向き合うことで得られるものが非常に多くありました。

青山学院大学 経済学部 経済学科(一般)

K. Sさん

代ゼミと過ごした時間

僕が代ゼミの個別指導を選んだのは、都合の良い時間に指導を受講できること、集団授業と違って自習の時間を確実にとることができること、分からないことがあればすぐに質問ができるため疑問を残さずに進められるなどからです。また自分の不得意のところや勉強の進め方、何をしていくべきかなどもアドバイスしてくださるため、自分では気付かない弱点を見抜いてアドバイスもしてくれます。実際に僕は、先生に勉強の進め方や自分の弱点を教えてもらい改善していくことで力がついていきました。

次に、僕が勉強をするときに意識していたことは、「考える」ことと「継続する」ことです。常に、より成績を伸ばすにはどうしたらいいかを考えることが大切です。「継続する」というのは、毎日勉強し続けることです。受験勉強は大変ですが頑張ってください。

学習院大学 法学部 政治学科(帰国生)

K. Iさん

個別を通して初心者から脱却

小論文においては全くの初心者だったため最初の頃は書き直しばかりでしたが、授業を重ねていくうちに、次第に褒められる部分も増え、自分の小論文のスキルが上がっていると実感できるようになりました。自分の答案を客観的に見て欠点を探すことは、生徒個人には非常に困難な作業だと思いますが、先生の指導を受けたおかげで、確実に欠点を減らしていくことができました。

面接対策においては、先生が予想される質問とそれに対するより良い回答を考えてくださり、しっかり練習することができました。

数か月という短い期間でしたが、小論文・面接対策について予想以上にスキルアップできました。代ゼミの個別指導のおかげで合格につなげることができました。

立命館大学 総合心理学部 総合心理学科(総合型選抜)

Y. Kさん

受講を終えて

私には視覚障害があるため、柔軟な対応のなか授業を進めていただき、大変感謝しております。面接対策では、世間話をするような形で自分の中にある「心理学の知識」や「大学に関する情報」を整理し、本番で即座に答えられるようにお手伝いをしていただきました。小論文対策ではあらゆる時事問題を心理学の視点から考えられるようにトレーニングを積みました。

総合型選抜では、高校で学んだことだけでなく、ざっくばらんな知識や、その人の人柄や印象などが総合的に審査されます。よって短い準備期間でどれだけ自分の頭の中にあるものを纏められるかで、大きな違いが生まれると感じます。ネガティブにならず、一つ一つやるべき準備を進めることが合格への鍵になると確信しています。

APPLICATION

案内書のご請求・お申込・お問い合わせは下記よりお願いいたします。

本部校代ゼミタワー 0120-81-5910 0120-81-5910
受付時間 平日(月~土) 10:00~18:00/日曜・祝日10:00~17:00
※本部校代ゼミタワー以外の電話番号は下記をクリックしてください。